hold-tight-the-hands-of-your-parent

子どもに迷惑をかけないように - 短い命を選ぶとしたら

本人の意思が固く、家族も理解しているのならば…

そんな言葉を交わして、義母と主治医の話しは、人工透析は受けない という義母の意思を伝えて終わったと言います。

およそ1ヶ月前、主治医が示してくれた選択肢、その短い方の残り時間を選んだ義母は、やはり潔い覚悟の人です。

もっと読む
simple-and-complecate

『”腎臓” が寿命を決める』?! - NHKスペシャルが見せてくれた新しい世界

腎臓について、私たちが教わり、知っていると思っていた知識は “尿を作る臓器”?! だということだけ。
私たちの知識の中では心臓や脳、胃や腸が生命活動の基幹、さらに骨や肝臓がその生命活動を見えないところで支えてくれる重要な役割を果たしている… そんなイメージがありますね。

もっと読む
sharing-QOL-with-your-family

余命宣告 - 母のがん闘病の経験で義母を支えることができたら

人工透析をしなければ余命は1年から2年 - そんな診断を受けた義母でしたが、診断を受けた直後から意思は固まっていた様子。

透析を受けるために体に準備をほどこし、副作用や体調不良を抱えながら延命しても意味はない。90歳近くまで生きてきたのだから、その先の延命と言ってもたかが知れている。
だから、透析は受けない… そう言うのです。

もっと読む
is-the-function-of-your-mouse-well

Windows 10 アップデート - 動かなくなったマウスカーソルをキーボードでなおす⁈

また不具合に見舞われるんじゃないかなと思いながらも、アップデートしないという選択肢がない - タイミングを選べるだけでアップデートそのものは必須 - というサービス⁇ をしてくれるWindows 10のアップデート。

前回の時には無線キーボードが正しく文字入力をできない状態になり、今回は無線仕様のマウスが画面の左端にはりついたまま動かなくなりました。

もっと読む
Lock-up-your-sky

「仕事はたのしいかね?」- あのタイトルの意味を見つけ、実現できる働き方とは

会社という名の組織の “歯車” のように扱われるのはごめんだ… そんなことを言うようになったのはいったい何十年? 前だったでしょう?^^;「個性」や「個人」ということが強く、機会があるごとに語られる時代になっているような気がするのですが、この著書は、「仕事を生産的なものにするためのポイント」と呼んで「管理する側が仕事を任せる」という目線の定義を示しています。

もっと読む
life-is-living

人生100年とは - NHKスペシャル

終活とか介護、あるいはごく普通の、歳を重ねるということを考えたり感じたりしたときに思うのは、「命は生きるためにために生きている」ということ。ちょっと変な表現に感じるかも知れませんが、「命」とか「生きる」ということは、「死ぬ」ということを前提にしてはいないという意味です。

もっと読む
our-memory-is-held-in-grave-yard

終活 - お墓のためにやるべきことは?

たしかに、終活とかお墓の話というのは「いずれ必ず必要になることだから」と割り切ってみようとすることさえ、ストレスな話しではあります。ただストレスな話しだからこそ何となく後回しにしてしまう雰囲気というのは、禍根とまでは言わないにしても、課題を後回しにすること(のような気もします)。両親との経験があるだけにそんな気がするのです。

もっと読む