what-is-your-job

自分の仕事が何なのか - 仕事に対する “誇り” というのはもう古い議論だろうか??

もう何年も前、 ISO9001 の要求事項を学び、その内容に従って自分たちの品質マニュアルなるものを作ろうとしているとき、「力量および認識」という言葉を覚えたのですが、その言葉を今、チームという形になっている、自分が所属する部署やその構成メンバーを見まわすたびに思い出しています。

もっと読む
mystery-of-windows

Windows 10 + Bluetooth - ペアリングは自動的に切れる!?

Windows 10 から一度ペアリングをしていたオーディオ機器。このペアリングがちゃんと?! 自動的に切れているのはどうしてでしょう? どうもWindows 10 の自動アップデートがきっかけだか原因だとしか思えないのですが… 確証がないので原因の追究はしないでおいて、ペアリング復活の方法を思い出しましょう。

もっと読む
see-your-shining-life

五木寛之さんが語る100年ライフ? -『「百歳人生」の折り返し方』

40歳になった自分を想像することさえできない、と言っていた若くて、本当に何も知らなかった自分ではなくて、「立ち止まる」という言葉にも「人生を考える」という言葉にも、それなりの思いがつながっていることを思うと、「別の生き方に切り替える」ということを実現してみなくちゃいけないな! と感じるのです。

もっと読む
trouble-makes-you-tough

夢中になって仕事をする?! - その集中力を出すには?

組織改編であれもこれもと分散していた「やるべきこと」の全容がようやく見えるようになってきた! そんな気がするようになってくるのと同時に、最近になって感じるようになってきたのは「集中力」ということ。この著書にはそのものずばり、「集中する力」というセクションがあります。

もっと読む
world-we-can-see

もうひとつの Living Will - 自分が自分でいるということの意味

結婚生活をはじめようとしたとき、家内とこんなことを話したことがありました。いつまでも今の自分でいるように、その思いを忘れないように… と。この先どんなことがあるか分からない。けれど、どんなことがあったとしても、今こうして、二人で暮らしていこうと話し合っている自分でいることを忘れない二人でいよう。… そんな話しをしたのです。

もっと読む
think on cancer

母のがん闘病を支援してくれた分子標的薬 - オプジーボを通して学び直そうとしたこと

がん治療が新しい次元に入ったとか、ペニシリン以降の画期的な躍進だと言われているオプジーボという薬。そのオプジーボという薬と「がん免疫療法」という言葉を知って、およそ5年前、母が投与を受けた分子標的薬というのはどういう薬だったのか、どういう治療方法だったか - あらためて確認しておきたくなりました。

もっと読む