not-hurry-but-calm-down

仕事、職場、仲間について - 成長するためのヒント

要領どころか経験もないはじめての仕事も、教わりながら、失敗しながら(失敗がゆるされるならですが^^;)やってみるといつの間にか自分のものになっているもの。

それがよく言うところの(現場の)たたき上げということなのかも知れませんが、準備が十分にできず能力の上でも、仕事の仕上がりの上でも「これでいいのか??」という手ごたえの中で進める仕事はやはりストレスがかかるものです。

もっと読む
brick-by-brick-to-build-the-system

XML - 急がば回れ? のシステムがもたらすメリット

以前、品質ISOとC++, そしてSGML/XMLが良く似ている、プログラマー的な発想で取り組むと品質ISOもよく分かると思う… というような記事を書いたことがありました。
品質ISOとC++, そしてSGML/XMLによる構造化文書 -
どこが似ているかというと、”まず定義ありき” の部分です。DEFINE あるいは definition と呼ばれるエレメントがなければどのシステムもなりたたない・機能しない* - そこが良く似ているのです。

もっと読む
magic-of-communication

チームワークを活かす職場なら、個人を尊重しなくちゃ

“意見をかわす” とか、”意見を交換する” という表現があるのだけれど、肝心の意見をかわすどころか、自分の思いを言葉にすることがない… もちろん何も感じていないわけではないし、自分ひとりで抱え込んでしまってどう相談をしたらいいだろうという気持ちを持っている -

そんな仲間がいるとしたら、どうしたらいいでしょう?

もっと読む
aging-is-not-sad-thing

終活 - 超高齢化と超単身化はどうつながっているか

100年ライフを巡って私たちにはどんな心構えが必要だろう?  あるいは、私たちにはどんな可能性が残されているだろうかという議論があったり、人生100年という時代を見据えたと言われる保険が発売されたり、いろいろなところで長寿化が語られるようになっていますが、今朝のNHKの朝のニュースの時間帯に取り上げられていたのは「超単身化」という問題。

もっと読む