blick-by-blick makes our job perfect

『WORK SHIFT(ワーク・シフト)』が未来を考えるヒントになる?!

今の子どもたちはどんな未来を想像しながら生活しているでしょう? 私たちは子どもたちにどんな未来を示しているでしょう?

私たち大人自身も描き切れない未来というものを仲間や子どもたちとどんなふうに共有することができるだろう- なんて思いながら「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」を読んでみて、ふと気づいたことがありました。

もっと読む
too-busy-to-do-good-job

サラリーマンの役割りって何だっけ?

機動力・判断力など、会社活動の真ん中を支えている40代にさしかかる現役世代と話してみて思うのは、「仕事」というものの意味が私とは決定的に違っているな… ということ。

もちろん違っていて当然だとは思います。
けれど「十人十色」という意味でバリエーションが色々だというのではなく、その中味自体が変化していると思うのです。

もっと読む
グリーンスムージー_水菜とかぶのレシピ

水菜とかぶで作るグリーンスムージー

水菜はその名のとおり、葉野菜独特の青臭さが少なくて、みずみずしいしゃきしゃき、はりはりとした食感が独特でサラダはもちろん、鍋料理ででも、おひたしにしても楽しめる野菜ですね。グリーンスムージーに使うときには、一緒に使うほかの葉野菜の味を和らげてくれ、フルーツの味を引き立ててくれる名わき役といった感じです。

もっと読む
separating-elements-for-the-life

終活! と構えずに、部屋のかたずけの延長のようにいかないものか

両親が残したもので手元に残せるものは写真やアルバムだけにして、その整理を少しずつ進めていこうとしているのですが、自分にはどんな宿題があったんだったかな⁈ と思いながらリストを見なおしながら…
そうした整理を日常生活と両立させることって意外とむずかしいなぁと思っています。

もっと読む
to-feel-the-life-of-your-family

BS1スペシャル「ラスト ドライブ」が教えてくれたもの

「元気なうちに叶えてておけば…」というのは患者本人には酷な言葉に響くかも知れません。患者本人にとっては「自分ができていたようにはもうできなくなった」ということが悲しいはずですから。「自分ではできない」「助けてもらわなければできないのだ」それが病気になった自分を思い知ることになるのが辛いということもあるはずですから。

もっと読む