脳をうまく活かすには

自分の中の自分を呼び覚まそう! - 『脳を活かす仕事術』

20代の頃の方が今より頭が硬かったかも知れない、あの頃なら多分手にすることはなかったのじゃないだろうかと思いながら茂木健一郎さんの『脳を活かす仕事術 「わかる」を「できる」に変える』を読んでみると、果たして、自分の脳細胞は20代の頃より思考回路が細かくなって、すべてでなないにしても扱えなかった情報、対応しようとは思わなかった情報に反応できようになっているかな? と感じたりしています。これはただの錯覚でしょうか?^^;

もっと読む
相続の手続きで手にするものとは

相続をどう考えるか、保険金をどう受け取ってもらうか

家族であれば - つまり、私に万一のことがあれば、私の家族が私の持ち物の後始末を求められることになります。

相続に付随する権利と責任 - その最初が相続税ということになるのかも知れませんが、自分の持ち物 - 財産が基礎控除+600万円×法定相続人に及ぶような規模のものかどうか、つまり家族が相続税の支払いを求められるかどうかという視点はどんなつましい生活の者にも欠かせないものだろうと思います。

もっと読む
you are here, i know

母のせん妄 - 見守る心で患者になった親と自分を支える

せん妄そのものを診察し、治療するということはないのでしょうか - 少なくとも、私たち家族にはそう見えたのですが・・・。せん妄の症状が出ているという医師からの説明はありませんでしたし、私たち家族からの質問にも「想定の範囲内で深刻なものではないので心配はいりませんよ」という答えが返ってくるだけ(のように感じる)。

もっと読む
how to use l-shaped clamp

固定ツール - L型クランプを使う

より新型? のクランプとしてラチェット・バー・クランプを紹介したことがありましが、このクランプはどこが新しかったか、分かりましたか?
ラチェット・バー・クランプは押さえる木材の向き対して目線が平行です。クランプはその目線に対して横にスライドして木材を抑えてくれる - その動きが従来からあるL型クランプやC型クランプと違うのです。

もっと読む