power-of-words

日本語で伝えるということ。英語で伝えるということ。

普段、英語を日本語に、ドイツ語を日本語にという仕事をしながら思っているのは、「この言葉(原文)はどんな日本語になったら一番自然で分かりやすいだろう」ということ。

そして、その次に感じることが多いのは、「この言葉は日本語にはない!」ということです。

もっと読む
紙とペンを使って手で書く

日本語はむずかしい?

インターネットの時代、「読んでも分からないのでは困るから少しでも多くの人が困らずに読み通せる言葉と文字で書く」 - “分かりやすく読みやすく” をひたすら求め続けると、画数の多い漢字を使う頻度は下がり、言ってみれば噛み砕いた表現をたくさん使うようになる - “理解し易い表現が多く使われるようになる” という書き方はしないのです -。

もっと読む
hint-and-brain-wave

『20歳のときに知っておきたかったこと』 - 個性を探すヒント

私が20代から30代になろうかというころ、なぜか、”20代のうちに読んでおきたい本” とか、”30代のうちにやっておくべきこと” と言った意味合いの書籍がたくさんあったように感じます。場合によるとテレビ番組が組まれていたという記憶がありますが、「自分探し」のブームだったのでしょうか?

もっと読む
you-can-find-yourself-in-yourself

インフォームドコンセント - そこに自分が見えるかもしれない!?

養老先生 - 養老孟司さんの著書「「自分」の壁 (新潮新書)」の中の “「自分」以外の存在を意識する” という章 - ちょっと哲学的? な視点で自分を考える章の中に、「身内の問題」という一節があるのですが、がんに対する待機的医療云々というくだりに思わず反応してしまいました。

もっと読む
it-is-your-choice

仕事に求めるのは生きがいではなく、やりがいだろうね

自分が所属している会社組織が組織ごと変化してしまう… 考えてみれば、私自身はそうした変化を経験してはいません。

一般職から管理職へという仕事の変化は経験してはいましたが、A部署からB部署へというような劇的? なものではなく、同じA部署の中の下から上へというごく穏やかな? ものでした。ですから、やり続けていた自分の仕事に十分すぎるほど習熟することもできたのです。

もっと読む
your-communication-is-OK

自分を表現する・自分を実現する - 仕事はそうありたい

新型コロナウィルス禍にあって、仕事や日常生活のどちらも新しい基準がどこに落ち着くかよくわからないような状況ですが、それでも仕事の周辺はそうした変化の影響をもろに受けるようで、
オフィス環境 → 仕事の仕方 → 日常生活
というような順序で実際の生活に波が届きはじめているように思います。

もっと読む