防犯の助けになったツールとは

実家相続の中で確認したツールの便利さ+効果 - センサーライト

実家の相続にからんで不動産をあつかう業者に相談した防犯のための”ライティング” - つまり、照明のことを考えたり、使ってみたり。使うことで得られる安心や効果は意外と大きいのだということを確認しました。センサーライトは日常の生活でも安全+安心の手助けとなってくれます。

もっと読む
治療と回復に必要なものは

母のがん闘病で学んだ薬とせん妄の関係

健康を取り戻す、あるいは病気を取り除くために必要だと判断された手術を受ける、手術のために必要な麻酔を処方してもらう - そうした医療の助けを借りるとしても、手術ゆえの、あるいは麻酔ゆえの危険がある。そこで、手術を受けるにあたっては、医師や麻酔医から手術の必要性や手術・麻酔に伴う危険や考えられる後遺症などの説明を受け、手術・麻酔を受けることへの同意書を読み、サインをするという手続きが取られます。

もっと読む
歳を取るということ

父の大腿骨骨折から学んだ歳をとるということ

「高齢化社会」とか「認知症」というような言葉を聞くようになってもうずいぶん長い時間が経っているような気がしていたのに、「譫妄(せんもう)」という言葉の意味も正確に理解できていなかった - それは私にとって、高齢化社会などという大きな論議、知識以前に、歳をとるということがどういうことなのか一から学ばなければと自覚させられる経験でした。

もっと読む
実家の整理_生活用品の整理をするならば

終活 - 家族の物、自分の物

見送る側、相続する側を経験するとすぐに直面するのは耐久消費財とライフライン、その運用に必要な金銭管理 - これは言わば生活の基盤になるもので、手続きは基本的に直接血のつながった親族が相続するものです。相続のために必要な手続きも、その親族が行うことを前提として成り立っているものと考えればよいでしょう。

もっと読む
秋は最後の輝きの季節

終活 - その時ほしいのは勇気と優しさ

きちんと話しをしなくてはいけないだろうと思っていたとしても、子にとっては、「相談したいことがあるんだが」と親から切り出してもらった方が話しやすいし、親にとっては、「一度聞いておきたいと思っている事なんだけど」と子から切り出してもらった方が話しやすい - そんなタイプの話題が相続や親の最後を考える話しでしょう。

もっと読む