歳を取るということ

父の大腿骨骨折から学んだ歳をとるということ

「高齢化社会」とか「認知症」というような言葉を聞くようになってもうずいぶん長い時間が経っているような気がしていたのに、「譫妄(せんもう)」という言葉の意味も正確に理解できていなかった - それは私にとって、高齢化社会などという大きな論議、知識以前に、歳をとるということがどういうことなのか一から学ばなければと自覚させられる経験でした。

もっと読む
always-two-of-us

ただそばにいてあげる - きっとそれが受け止めるということ

人工透析は受けないという選択をして、余命宣告で示された残りの時間を頼りに残った時間をどんなふうに過ごしていけばいいかを考える - 義母が思い描いている明日はどんなものだろう、そう思います。   一点を見つめている - それが決心というものスポンサードリンク 私[…]

もっと読む
seek and find the way you are

安らぎを感じる場所、自分らしくいられる場所

「魂・心・体を調和させて健やかに」と題された章。宗教や信仰がどいうものなのかをより客観的に考察する中で、魂や心の居場所を確認しようとしているのでしょうか。 その中で出会った言葉に、矢作さんが語る客観的な考察から少々それてしまっているだろうかと思いながら、私の近[…]

もっと読む
花を供えて

終活 ー 家族のために残せる力があるとしたら その確認

大切な人が亡くなった後にすべきこと - その確認を自分に重ねてみるスポンサードリンク 自分にもしものことがあったときには - わざわざそんなことを考えるのは、送らなければならない立場に立ったときに、手続きの多さや煩雑さに戸惑い、血縁者の中で特に悲しみも深いはず[…]

もっと読む
医療と介護の入り口

今だから分かる在宅介護・在宅緩和ケアへの道

少し前までは分からなかった介護の新しい形スポンサードリンク 両親を見送っておよそ2年。その時の経験や記憶がまだはっきり残っているからか、今度は自分の家族のため、どんなふうに自分の準備をすることができるのだろうかと考えなければと思うものですから、少し見回してみま[…]

もっと読む
穏やかな年金生活

エンディングノート - 誰かに申請をしてもらう時に備えて / 保険・年金

保険についての情報スポンサードリンク 母の闘病の間、母が加入していた医療保険と県民共済に、私もずいぶん助けてもらいました。まさに『継続は力』を実感したものでした。自分にもしものことがあった時のためにという意味では、保険も重要なエレメントのひとつ。定期的な見直し[…]

もっと読む