time-is-flying-just-beside-of-you

時間は限られたもの - 余命宣告に向き合う親、その子どもたち

私たちを育ててくれた祖父母や両親、その教えには私たちは限られた存在だということがよく言われていたように感じます。私たちの意識とはかかわりなく、時間はとどまることなく流れ続けるものだと。けれど今は、こうしたことを教えてくれる人がいなくなった・いなくなりつつある… だから、こうして思い出させてくれる人や言葉が必要なのですね。

もっと読む
what-is-the-goal-of-your-job

社会に貢献する!? - 別の言葉で “やりがい” ということではないの?

「実践するドラッカー【チーム編】」(上田惇生氏 監修/佐藤等氏 編著)の第3章の扉にこんなタイトルが書かれています - 「目標を掲げる - 組織と個人のベクトルを合わせる」。この「組織と個人のベクトルを合わせる」という言葉は、普段、私が仕事に求めているものをそのまま言い表してくれています。

もっと読む
pleasure-to-watch-over-you

人は育てるものではなく、育つもの?! - 見守ること、成果をあげること

親だから子どもを産むのではなく、子どもを持って親になる… そんな言葉にどこかで出会った気がします。そして最近感じるのは、親になる・親でいるということと、会社という組織の中でマネージャーになる・マネージャーでいるということはとてもよく似ているなということ。この感覚を確かめる方法がないものでしょうか?^^

もっと読む
remember-your-requirement-to-your-leader

どんなリーダーを望んでいたか - リーダーになるための答えはそこにある

自分が求めていたリーダーの姿を自分で実現できるかスポンサードリンク 会社の方向、方針が示されていたとして、部下の役割り・分担、目指してほしい成果をどう決め、何を指示すればいいか… あるいはそれ以前に、その会社の方向、方針を自分たちで決めなくてはならないとしたら[…]

もっと読む
relationship-between-younger-colleague-and-ourself

職場の人間関係? - 自分で作るということはできるのだろうか

お互いに支え合い、育て合う - そんな関係を保つことはできないものかスポンサードリンク 職場における人間関係というのは、たとえば 会社の方針やそれぞれの部署が取り組む担当の仕事、 責任や権限が誰にあるかとか 裁量の範囲、報告・連絡・相談の手順、あるいは 仕事に[…]

もっと読む