fighting with your job to find your way

仕事を頑張るのは 何のため?

課題に取り組むからこそのスランプ!?スポンサードリンク 言葉の良し悪し、伝わる伝わらないを問題にするような仕事に就くもんじゃないなと思う反面、なぜか、こうすればもっといい表現になるのじゃないか、たぶんこういう言い方もできるのじゃないだろうか•••と次を考えてし[…]

もっと読む
simple is best

製品と取扱説明書の役割り - 私たちユーザーが求めているのは

自動車、モーターサイクル、農耕器具やオーディオ、ソフトウェア、さらには産業用制御装置や制御システムなど、メーカーがそれぞれの製品を使う人たち - ユーザー - に快適に製品を使ってもらうための情報を伝えようとすると、パンフレットやカタログ、取扱説明書(マニュアル)などの資料が必要になる、長いことそう思いながら、私は産業翻訳の世界で暮らしてきました。

もっと読む
high and arrowy information of our world

言葉の世界から見てきた情報の高速化

産業翻訳の世界に身を置いて、メーカーがユーザーとの間にどんなコミュニケーションを取ろうとしてきたかを見てきたと思っている私ですが、MS-DOSあるいはWindowsの昔を振り返ると、今の情報がどれくらい高速化しているか、今の情報には何が求められているものが分かるように思っています。

もっと読む
can you speak japanese

言葉は厳しくて、悩ましくて、優しいもの

世界には数え切れないほどたくさんの言語があって、違う言語同士が違うまま直接話しをしたいと思ってもお互い何を言っているのか通じないのが普通なのに、その違う言語同士、よくぞこれだけ同じことを表す言葉があるものだと関心したり、面白いと思ったりすることがあるのですが、みなさんはどうですか?

もっと読む
books of alvin tofler from my library

30年、40年という時間の意味 - アルビン・トフラー氏の著書

時間の流れと私たちのこれからスポンサードリンク この記事を書いたのは、未来学者という不思議なタイトルで呼ばれたアルビン・トフラー氏が亡くなっておよそ1ヶ月がたったころ。トフラー氏の『第三の波』や『未来の衝撃』といった著書が書店に平積みにされていた様子を思い出し[…]

もっと読む
what is PC for you

ソフトウェア(システム)が先か 人が先か - 私たちはどんな仕事をしているのか

Cはどんなものを目指して進化してきたか - もしかしたら、PC開発の歴史を学ぶと分かることかも知れません。その一方、PCで “仕事” - 何らかの処理結果を得る - をすることを目的に開発されてきたソフトウェアとPCそのものの関係はどのように進化してきたのでしょう。その関係は一見、「卵が先か、鶏が先か」のように見え、人によってその評価が分かれるのかも知れません。

もっと読む