4本足の動物たち

人工知能が教えてくれる私たちの個性?

10年20年では足りない長い歴史を積んできたという人工知能の研究の成果はすでに私たちの生活の一部になり、iPhoneやスマートフォンのディスプレイ上で使っている機能もあると知ってから、一生懸命読んでいる 『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)』。人工知能の仕組みについての解説を読み進める中で、我ながら捉える方が飛躍しているだろうと思いながらも、自分たちの個性をどう捉えたらいいのか - そのヒントを見つけたような気がしています。

もっと読む
夏と冬の富士山

日本語の心、日本人の心?

私は以前、日本語の体系 - 基本的な構造という意味で - は、相手を敬う丁寧語を基本とするものだったという説明に出会ったことがありました。その時学び、なるほどと感じたとおりだとすると、確かにかつての日本語は時間のかかる、冗長と言われてもやむを得ないと思うほどに、繊細で書くのがむずかしい面があったように感じます。

もっと読む
インターネットを正しくつなぐためには

技術の進化が人間関係を変えるとしたら、あなたはどう対処しますか?

私が取り組んできた業界の仕事は、もともとは、仕事仲間あるいはクライアントと Face to Face - 同じ部屋、同じテーブルをはさんで向かい合い、紙とペンを使って進めていたものですが、今や何千キロも離れた海外の仲間とPCを通してお互いの声を聞き、ソフトウェアの動きをいっしょに見たり、ファイルを共有する手順を確認するなど、環境も手順も驚くほど変化してきています。

もっと読む
伝えたい言葉は

効率化の中で失ったもの - プロ意識の空洞化

長年、翻訳という、ひとつの言語の文章をもうひとつの言語の文章に置き換えるという仕事に携わりながら、文字にと言う形の情報発信の形がどんなふうに変わってきているのか、どんな言葉や文章が求められているのだろうかと考えてきているのですが、その中で最近もうひとつ感じていること… それは、品物を買って下さるお客さんの意識、要望というものについてです。

もっと読む