天国はどんなところ

そのときの家族を思うから - 安らぎと優しさ、信じられるものの力

こんな世界観が持てたらいいなと思うほど、不思議な話です。もしかすると、普段の私たちはこうした世界には触れないようにして生活しているかも知れないなと感じます。あえて触れることではないと。ただ、終活やその中で必要になる話しをこんな感覚ですることができたら、気持ちがついていかないむずかしい話も、自然に自分や家族のこととして受け止められるのかも知れないと感じます。

もっと読む
what-are-you-seeing

誰もが通る道?! それでも自分で答えを出さなければ!

悩んできたから、「悩まない」の意味が分かるスポンサードリンク 自分を大切にしてほしい… 矢作さんの言葉はそんなふうに聞こえますが、きっとこういう意味なんだろうなと感じる一方で、この言葉がどんなとことから生まれてきたのかを想像しています。 なぜそんなことを考えて[…]

もっと読む
prirm and color

『見守られて生きる』 - その世界観のかけらが見えたかも知れない

私が初めて矢作さんの世界観に触れたのは「人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-」 を通してでした。 信仰を持つ人間ではないという矢作さんが、語る世界観 - 文化や精神など私たちの日常と命をつなげて語る言葉は、私たちにひとつのヒントを与えてくれる[…]

もっと読む
see-inside-of-yourself

自分を大切にするのならば、結果ではなくプロセスを大切に

自分を大切にする - その言葉が意味するのはスポンサードリンク 結果ではなくプロセスを大切に 出典:矢作直樹氏 著・「人生は、約束」 この言葉、みなさんはどう思いますか? 矢作さんの言葉はこんなふうに続いています。 仕事に限らず、勉強、スポーツ、恋愛、結婚、就[…]

もっと読む