do you know how much your expecting life is

いくらの暮らしをしたいのか。考えたことがあったかな?

いくつになったらこんなことを考えた方がいいよとか、誰に教わったり言われたりしたわけでもないのに、なぜなのでしょうね^^; ちょっと振り返ってみると、結婚したり子どもが生まれたり、仕事を覚えては世界が広がったと感じたり - そういう現役真っただ中というのはひとつの幸せの形なのだなと感じます。

もっと読む
life with nursing care insurance

母を支えてくれた介護保険

母の最初の介護認定は余命宣告を受けた直後でした。転移した腎臓がんに対する分子標的薬の投与を始め、副作用は大変なのだろうか、がんに対する効き目は現れてくれるのだろうかと、文字通り不安と期待の両方をかかえて余命3か月に向かおうとしていた時です。

もっと読む