let-it-be

親が病に倒れたとき - “あるがまま” を忘れずにいられるか

病院に行きたがらないのが親の常!? だとするとスポンサードリンク 自分の両親だけでなく、病院に行きたがらないのは義母も同じ。 時間が経って辛くてだめだからと病院に行って診てもらうと、医師も「いったいどうしてすぐに来てくれなかったんです?」とあきれるやら理解に苦[…]

もっと読む
how-old-are-you

老齢年金制度の複雑さに負けない年寄りにならなくちゃ!

ふだん払っている年金保険料のソノサキって??スポンサードリンク 特別支給の老齢厚生年金には受給資格というものがあって、一定以上の収入があれば支給金額は減額されたり停止されてしまうことがある [1] のだけれど、ともあれ、特別支給の老齢厚生年金の支払い申請を行う[…]

もっと読む
Relationship-between-assets-and-inheritance

終活 - 本籍地をどうするか、あらためて確認しよう

戸籍はどこにあるべきだろう - それが問題なのですスポンサードリンク 親が亡くなれば自然発生的に発生する相続という権利と責任。 相続ひとつひとつの手続きを進めるには、自分がどこの誰なのか、親とどんな関係の人間なのかを証明しなくてはなりません。 自分を証明しよう[…]

もっと読む
Faraway-landscape

そのとき私たちは自分の生命とどう向き合えるだろう

患者が増えたのか、医療技術が進歩したのかスポンサードリンク 母のがん闘病に付き添っていたとき、私たちが頼っていたのはがんを専門に扱う大学病院でした。 検査や治療などに必要な設備が充実している病院で診てもらうことが安心を支えてくれることにもなるだろうなと感じてい[…]

もっと読む
christmas in 2017

終活 - 前向きに明るく生きる。そのための”覚悟”でありたい

“覚悟” は生命を輝かせるものであってほしいスポンサードリンク クリスマスを2度、母に付き添い、がんセンターの入院棟で過ごしたことを思い出します。 せっかくのクリスマスにふさわしい話題ではないかも知れませんが、生きるための “覚悟” のようなものが少しずつ見え[…]

もっと読む