dogwood-flower-under-the-sky

終活 - 家族にできることとは

在宅復帰支援計画:
必要に応じて在宅復帰支援計画をたて、関係機関との連携を図る

という記載があります。
読んだ記憶がありますが、当時はこの具体的な内容を意識することもなく、ましてや入院の前後にこの「計画」のことを主治医と話し合うこともありませんでした。意識のほとんどが病名・病状・治療(計画)に集中してしまっていたような気もします。

もっと読む
tips-to-find-your-life

『老いの才覚』- 愛される高齢者になるためのヒント

時間がかかることに苛立ちを感じることもなくなったし、なぜ時間をかけなくてはいけないという理由も分かるような年齢になったら、怖れることなく時間をかけて備えよう - そうすることがなぜ必要なのか、もう説明しなくても分かるはず…
なぜかそう言われているような気がするのは私だけでしょうか?

もっと読む
responsibility-and-authority

“責任と権限” は 何のため? 誰のため?

NHKのクローズアップ現代+で正式な教科になった道徳のことが取り上げられたことがありました。価値観の押し付けにならないように… というような点を重視することと上手に両立させながら、一緒に・互いを「考える」「考え続ける」ことができたらどんなにいいことだろうと感じながら番組を見ていました。

もっと読む
world-of-DanielTammet is like this

自分探し - “数字が風景に見える” その意味に近づけるか

自分が分かるということの意味 一般の人たちがそうだと認めるもの、それを集めたものが常識だとすると、人が変わるとその常識も変わるはず。ところが私たちは、自分が知っている世界感、価値観を常識と同じ場所に置いて、そこから周囲を見ようとするところがある… […]

もっと読む
do-you-know-how-fast-or-slow-you-are

自分探し & 自己実現 - ともかくやって見なくちゃだったらどちらを選びます?

背中を押してくれる先輩の存在・言葉というもの 曽野さんご自身は1931年生まれ、そしてこの著書は2010年の初版発行と言いますから曽野さんが79歳のころかと思われる作品。 「人間は死ぬまで働かなくてはいけない」という章の中に、これまで探していたのはこの言葉だっ[…]

もっと読む
simple-thinking-with-mindmap

『ふだん使いのマインドマップ』で面白さを覚えよう - 日常生活でも使えるアイデアの数々が!

素直な心でマインドマップしてみる?! なるほどね! という、マインドマップの使い方のアイデアがいくつも紹介されている矢嶋さんの著書。 学校のイベントの思い出をマインドマップに描いた子どもさんを紹介してくれている マインドマップで親子の会話力アップ とか マイン[…]

もっと読む