do you wish to get protective vaccination

何年ぶりかのインフルエンザで学び直したこと

2016年のことですが、11月に入って間もなく、私はインフルエンザの予防接種を受けていました。予防接種を受けるのは、寒さとインフルエンザの威力が増してしまうまえからできることなら体の中の準備と、生活する上でのインフルエンザに対する意識を持ちなおすという2つの意味で、もうかれこれ7年、8年以上も前から一種、年中行事のようになっています。

もっと読む
alone-with-sunset

終活 - “おひとりさま” の意味が分かってきた

「おひとりさまの最期」のカバーにかけられた帯に「在宅ひとり死」という言葉が印刷されています。この言葉をはじめて目にしたときは、受け入れるのがむずかしい言葉だと感じたものですが、父が亡くなり一人になった母の暮らし方や私たち子どもからの働きかけへの反応を見ていて、「おひとりさま」の意味を確かめるような感じがしたものでした。

もっと読む
world-we-can-see

もうひとつの Living Will - 自分が自分でいるということの意味

結婚生活をはじめようとしたとき、家内とこんなことを話したことがありました。いつまでも今の自分でいるように、その思いを忘れないように… と。この先どんなことがあるか分からない。けれど、どんなことがあったとしても、今こうして、二人で暮らしていこうと話し合っている自分でいることを忘れない二人でいよう。… そんな話しをしたのです。

もっと読む