father-and-his-son

自分は正しいと誰もが思っているみたいだけど - 『育てたように子は育つ』

親だから子どもを持つのではなくて、人は子どもによって親として成長する… そんな意味合いのことを教わったことがあります。祖父に聞いた話しだったか、あるいは祖母だったか… あとになって、その教えとほとんど変わらない言葉をある著書の中に見つけたとき、テレビやラジオもない時代に親になっていたはずの祖父、あるいは祖母は、あの教えを誰から教えてもらったのだろうと思ったものでした。

もっと読む
silhouette of ourself

ひとりは自分のはじまり - 相手にたどり着くために「ひとりを怖れない」

自分が子どもとして扱われることが多かった頃には、親子関係という言葉にぶつかることがよくあったような気がするのですが、人間関係という言葉はいつ頃から使われるようになった言葉でしょう⁇なんだか最近意識するようになったせいか、比較的新しいような気がしていたのですが。

もっと読む
see-inside-of-yourself

自分を大切にするのならば、結果ではなくプロセスを大切に

成功しなくちゃいけないという感覚が中心になっているかな?どんなシーンでも失敗することは受け入れられない… というような感覚になっていないか、ちょっと気になるのですが。ただ大半の人がそう考えるのだとすると、「成功はOK! 失敗はNG!」という考えに問題はなさそうにも思えます。

ところが矢作さんは、ここで「ちょっと待って!」 と言っています。

もっと読む
your-love-for-your-important-things

親から子へ - 大切なものを伝えるには、どうすればいいだろう

佐藤さんの話しとよく似た話しを、以前働いていた職場の先輩から聞いたことがありました。その先輩は一家のお父さん、その人の、当時高校に入学して間もなかった息子さんとの間の話しでした。

佐藤さんのお孫さんの場合はお嬢さんとその髪、私のその先輩の場合は息子さんの眉でした。

もっと読む
you-and-your-child

本当の気持ちを伝えること、できていますか?

日野原さんが語るように、自分の気持ちをそのまま言葉にして伝えること、できていますか? 親の、子どもに対する思いを伝えられるのは、親である自分以外にいるはずもないと分かっているけれど、それが意外とむずかしいと感じてもいませんか? 親になってみて感じる、そのときの思いをちゃんと伝えるということのむずかしさ。そのむずかしさを越えたいと思うのです。

もっと読む