Lock-up-your-sky

「仕事はたのしいかね?」- あのタイトルの意味を見つけ、実現できる働き方とは

会社という名の組織の “歯車” のように扱われるのはごめんだ… そんなことを言うようになったのはいったい何十年? 前だったでしょう?^^;「個性」や「個人」ということが強く、機会があるごとに語られる時代になっているような気がするのですが、この著書は、「仕事を生産的なものにするためのポイント」と呼んで「管理する側が仕事を任せる」という目線の定義を示しています。

もっと読む
trouble-makes-you-tough

仕事は与えてもらうもの? 自分で作るもの?

上司であり、部下であり… という立場に長くいて、どうもはっきりしなくなっているなと感じるのは、与えられた仕事として成果を出そうとしているのか、与える仕事として成果を確認しようとしているのかということ。
つまりは、今取り組んでいるものが上から受け取った業務命令なのか、その業務命令をさらに自分の部下に渡したものなのか、そのどちらとして続けていくべきかという、仕事への距離感のようなものと言えばいいかも知れません。

もっと読む
remember-your-requirement-to-your-leader

上司であり、部下である - そんな立場から見る組織というもの

自分たちの上司であるはずの人の言葉が分からなくなる… うまく理解できなくなる… そんなとき、聞き手の部下の方は「分からない」「分からない」にこだわっていないだろうか。そんなことを感じながら、若い仲間たちを見ています。その様子が、昔の自分に重なるなぁ と思いながら。

もっと読む
you-and-me-together

「あなたのことがだいすき」- 素直になって伝えるために

「おまえを大事に思っているんだよ」…
「君がいるからぼくがいられるんだ」…
それがどんな言葉になるかは分かりません。分からないけれど、今、ちゃんと伝えなければいけない!
どうすればちゃんと伝わるのか分からないけれど、伝えたい…
そんな気持ちになったことってありませんか?
そんな気持ちになったとき、どうしましたか?

もっと読む
relation-between-young-colleague-and-veteran

将来の自分を想像できますか? いくつまで働こうと思いますか?

私はと言えばその昔、40歳になった自分が想像できないというほど若い時があったというのもなんだか不思議な感じがしているのですが…その私が、定年とか退職とかいう言葉の意味を理解もできるし、その頃の自分をなんとなくでも想像できるというのもとても不思議に感じます。

もっと読む
capability-and-quality-of-your-leader

自分のやりたい仕事をやっているか - リーダーになるとしたら

私はむかし、会社員として勤めはじめたばかりのころ、先輩から言われたことがありました。

曰く、「ひとつの仕事をあたえられ、その仕事を覚えようとしはじめたなら、次に自分が後輩にその仕事を教え、やってもらえるようにならなくてはいけないということをイメージしながら取り組め」。

もっと読む