giving-chance-to-experience-new-job

後進に道を譲るという仕事の終い方を考える

しばらくの間は「自分でやった方が早いよ!」とばかりに若い仲間に仕事をやるチャンスを与えず、いつもの自分の速度で処理してしまって自分ひとりで溜飲をさげたりしている。そんなとき先輩の意識は目の前の仕事を片付けることにあって、若い仲間を「育てる」ことの大切さはどこかに行ってしまっています。

もっと読む
inheritance & registration

所有者不明土地 - 相続との関係をもう少し分かっておきたい

「所有者不明土地」 という言葉を聞いてすぐに疑問に感じるのは、「その所有者って誰のこと?」 「何を持っている人が所有者なの?」 ということ。
なぜって、登記をしていなくても固定資産税は払っていたのですから。所有者って、登記をして権利書を持っている人のことですよね? 固定資産税って、所有者が払うんじゃないんですっけ?

もっと読む
challenging-job-for-you

プロの仕事ってどういうもの?

「仕事をどうやるかは取ってから考えれるものだ」
という考え方と
「自分たちの技術を磨き、提供する製品・サービスやコンセプトをしっかりと完成させてから仕事、あるいは顧客に対応するべきだ」
という考え方

みなさんの仕事はどちらのタイプでしょうか?
みなさんはどちらの感覚で仕事をしていますか?

もっと読む
名義変更の連続が相続手続きの実態です

特別支給の老齢厚生年金 - 繰り上げ受給とは違うの? 本人・家族が知っておくべきこと

『年金の請求手続きのご案内』を受け取ったら確認すること 老齢厚生年金の構造の複雑さと、郵送されてくる資料の説明をどうつないで理解すればいいのか、最初の投稿のあとで確認できたことを盛り込んで内容を訂正・更新します。 老齢厚生年金を受け取る権利は原則65歳から発生[…]

もっと読む
seeing-your-colleague-with-eyesight-of-doctor-g

ドクターGの視点 - 管理職の役割りを探す

働き方改革とか、ワークライフバランスという言葉を聞いて直感的に思い浮かぶのは、プライベートと仕事の関係。
仕事に何を求めるか・求めないか、あるいは求めることができるかによって働き方もバランスの意味もまったく違ったものになるのは言うまでもないのですが、最近どうも、会社のことに力を使い過ぎていないかと思いながらも、それが自分や自分の生活のためになるはずという感覚をなくすことができずにいる - そのアンバランス? な状態をどうすれば脱出できるでしょうか?

もっと読む