happiness-makes-your-happiness

憧れていた大人になれたなら、今度は “あの頃” に戻るんだ

成人式の2日後とか、5日後、成人式ではじけていた若者の姿や雰囲気がこんなに違うんだね!^^; と、テレビ朝日の番組 “ソノサキ” でやってましたね^^

「大人になれ」とか、「常識が分かるようになれ」とか、「身を固めなくては…」なんて言葉を向けられていた若い時が自分にはあったと思い出しながら番組を楽しみました。そして、アランとバーバラが綴った言葉も思い出していました。

もっと読む
葬儀を静かに過ごすことができるとしたら

エンディングノート - 葬儀

自分のもしもの時に備えるということができるとしても、葬儀ばかりは自分で何かをやっておくということができるとは思えないのが葬儀のことではないかと思いますが、今ではすっかり定着したとも言われている葬儀の生前予約というサービス。どんなものかご存知でしょうか?

もっと読む
Quality_of_Lifeは誰のために

そしてもう一つのQuality Of Life(クオリティ オブ ライフ)

もしかすると私の先入観かも知れませんが、医療でQuality Of Lifeという言葉が使われる状況は病状がとても切迫しているか、あるいはそうなる恐れが高い時というイメージがあります。そして、介護の世界ではどうでしょうか。病とか加齢による体力、知力の低下、あるいは差し迫った環境も決して自分とかけ離れた世界の物語ではないのだということを確かめたいのですが・・・。

もっと読む
you-and-me-together

不祝儀のマナー - 正しい・正しくないをちゃんと覚えたい

核家族化が原因なのか、あるいは理由がほかにあるのかよくわかりませんが、葬儀の作法というようなものは何が・どうすることが正しいか、分からないなと思うこと、ありませんか? 私には「過渡期」を生きているなと感じることが多いような気がしているのですが、伯父を送るいとこの話しを聞いて余計にそんな気持ちが強くしています。

もっと読む
better-relation-better-effective

自分探しのひとつの形 - 仕事と自分をつなぐものは?

この著書は、2019年になろうかという時代に読むには古すぎる!? のだろうかと思う反面、こんなに時間が経っているのに、サラリーマンが暮らす世界 - 仕事を取りまく環境という - 実際の中味はさほど変わっていない!! と感じるのはなぜなんだろう? とも感じながら語られている内容をたどっています。

もっと読む
you are here, i know

母のせん妄 - 見守る心で患者になった親と自分を支える

せん妄そのものを診察し、治療するということはないのでしょうか - 少なくとも、私たち家族にはそう見えたのですが・・・。せん妄の症状が出ているという医師からの説明はありませんでしたし、私たち家族からの質問にも「想定の範囲内で深刻なものではないので心配はいりませんよ」という答えが返ってくるだけ(のように感じる)。

もっと読む