バリスタ: インスタントコーヒーの優しさ

コーヒーは本当はむずかしい飲み物?

スポンサードリンク

私はネスカフェ バリスタを使っていますが、ペーパードリップ方式のコーヒーメーカーを使うこともあります。お気に入りの豆を挽き売りで購入し、コーヒーメーカーにかけて入れるのですが、そんな時にはいつでも、レギュラーコーヒーの味はまず香りだと感じます。今は忙しさを理由にほとんど出すことがなくなりましたが、コーヒーサイホンを使っていた時期もありました。

たとえ、同じ焙煎、同じ挽き方をした豆を使っても、ペーパードリップで入れるか、サイフォンで入れるかでその味が違う - そう考えると、レギュラーコーヒーは、焙煎から豆の挽き方、ペーパードリップやネルドリップ、サイフォンなどの入れ方、お湯の温度さし方蒸らし方、そしてその量で味が変わる、それはそれは奥が深く、むずかしい飲み物と言えますね。

レギュラーコーヒー
(c) Can Stock Photo

インスタントコーヒー - 独自のテイストを固定したもの

そのむずかしい美味しさに近づいてこそのレギュラーコーヒーだとすれば、同じように、「たかがインスタントコーヒー、されどインスタントコーヒー」だと思いませんか? 好みのコーヒーパウダーの量をスプーンで測り、お湯をさせば望む味のコーヒーが飲めるということは、コーヒーの入れ方のむずかしさを知れば知るほど、よくぞここまでと思います。コーヒー豆

何が「よくぞここまで」なのか。それは、同じ味を繰り返し再現できる、再現しやすいということが、インスタントならではの利点だと思うのです。それがインスタントコーヒーの優しさです。

どの製品を買っても同じ味、いつでも同じ味を楽しめるというインスタントに求められる特性は、実は味だけの問題ではありません。

スポンサードリンク

コーヒー豆は、挽きはじめたときから酸化がはじまると言われます。もちろん、インスタントのコーヒーパウダーであっても酸化の影響がないなどということはありませんが、同じ味を保つためには、コーヒーの味を左右してしまうこの酸化を抑える必要があります。レギュラーソリュブルコーヒーと呼ばれるネスカフェ ゴールドブレンドは、この抗酸化の手法を活かした製品 - そう思って入れてみてください。ネスカフェ バリスタが、同じ温度、同じ量のお湯、同じ量のコーヒーパウダーで1杯のコーヒーを作ってくれます。

私が伝えたい「たかがインスタントコーヒー、されどインスタントコーヒー」を感じていただくことができるのではないでしょうか。ペーパードリップのレギュラーコーヒーとは違う、独自の香りも楽しめるはずです。バリスタの使い易さが、インスタントコーヒーの優しさを教えてくれると思うのです。

 

NESCAFE、GOLDBLEND、ネスカフェ、ゴールドブレンドおよびバリスタはNestle Groupの登録商標です。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です