グリーンスムージー - サラダ春菊&生姜のレシピ

血行促進の効果を期待してレシピにしてみると^^

スポンサードリンク

グリーンスムージーに使う葉野菜は、ほうれん草にしても小松菜、あるいは春菊も、体のためになる栄養が豊富だということが分かっていても、味も香りもかなり強くて苦手だという方は多いかも知れません。
ただ、組み合わせるフルーツがその葉野菜独特の味と香りを忘れさせてくれ、抵抗感なく楽しめるようになるのがスムージーの良さ、不思議さですね。

くせのある味と香りという意味ではトップクラス?^^; じゃないかなと思うのが春菊です。
すきやきに春菊を使う地方は多いように思いますが、すきやきのたれに負けない個性的な味と香りがあるからこそ美味しく食べられるという方もおられるでしょう。

春菊に含まれるルテオリンというポリフェノールには肩こりをやわらげる効果が期待できるんですよ! と紹介したばかりですから、そのレシピを試してみました。

サラダ春菊のレシピの材料を確認する
サラダ春菊のレシピの材料

サラダ春菊+生姜、りんご&レモン
明るいスムージーグリーンの色と肩こりをやわらげる効果?!^^

組み合せたフルーツはりんごレモン
特にレモンは少量で、舌ざわりものど越しも味もさらっと仕上げてくれます。りんごの甘さを率いたててくれる効果もありますね。ご存知のようにレモンの酸味はとても自己主張が強いので、分量はごく控えめにしていただいた方がいいでしょう。

サラダ春菊はそのまま食べてみても香りはよりマイルド、独特の苦みが普通の春菊に較べるとずっと軽い味です。サラダ春菊がどれくらい飲みやすい味になるかを確かめたくて、その春菊の味を中心にしたレシピです。

グリーンスムージーらしい優しい、フルーティな味で楽しみたいと思われる方はガイドブックに紹介されているように、レモンに替えてゆずみかんなど甘みを持ったフルーツにしてみるともっと飲みやすくなります。

今日のレシピは:

味と飲み口を決めるフルーツは、どちらかと言えば味よりはさらっと軽い舌ざわりをもとめてレモンだけです。酸味の効いた仕上がりにしてくれます。

  • サラダ春菊 1束 約120g
  • にら 1本
  • レモン 1/4個
  • りんご 1個
  • 生姜 厚めのスライス1つ
  • 水 700cc
コップ1杯の値段は:
サラダ春菊と生姜
サラダ春菊と生姜のグリーンスムージ

水の量はいつものように700ccですから、作れる量はコップ5~6杯ほど。朝食のときに家族3~4人で飲んだ後、自宅で家事を進めるおかあさんがお昼にもう一度楽しめるくらいの量です。

1食分としてはグリーンスムージーで適量と言われるビタミンA, B, C, Eをしっかり摂れるのがグリーンスムージーの良いところですから、うまく食事と組み合わせて楽しみたいものです。

春菊は11月から翌年の3月くらいまでが旬と言われる野菜ですから、この時期(4月)に求めるのは少し無理があるのかも知れません。値段もあまり安いとは言えないかも知れませんので^^;
ですが今回のサラダ春菊のレシピも安く上がりました。1杯 38~43円ほどです。

コップ1杯のカロリーは:

概算で約40kcalになるかならないか。いつもよりカロリー抑えめに味わうことができますね。

色や味は:

もうお分かりでしょうか? サラダ春菊の量が普通の春菊1束より30%くらい少なめですね。これはさらっとした舌ざわり、飲み心地を目指したためです。普通の春菊より味も香りもマイルドなサラダ春菊ですから、グリーンスムージーに慣れている方は1束いっぱいの量の使って、春菊のパワーを十分に堪能できるブレンドにしてください。

春菊の栄養豊富さは今さら言うまでもないでしょうが
[春菊1束(約200g)] vs [1食あたりどのくらい摂取するのが理想か] という目安で比べてみると春菊のパワーがよく分かります。

葉野菜とフルーツ、それぞれの栄養の中でも [1食あたりの適量を超えるもの] を ● で示してみると、葉野菜とフルーツの総合力でバランスよくビタミン、ミネラルが取れることがわかりますね。

サラダ春菊と生姜のレシピの栄養バランス
サラダ春菊と生姜のレシピの栄養バランス
  • ビタミンA約3.5倍
  • ビタミンB1 で 約0.6倍
  • ビタミンB2 で 約0.9倍
  • ビタミンB6 で 約0.75倍
  • ビタミンC で 約1.2倍
  • ビタミンE約1.5倍
  • ビタミンK で 約30倍
スポンサードリンク

普段の食事の栄養バランスによほど気を配っていても、食材をよく選ばないと十分に取ることがむずかしいのがビタミンAEですが、このレシピの春菊1束の分量を普通の1束(約190~200g)にすると、そのグリーンスムージー1杯で、1日の適量のほぼ30%以上をカバーできる計算になります。

その1杯と、たとえば、牛乳をかけたシリアルはビタミンB2を中心にしたビタミン群とカルシウム、さらにフレッシュ・マンゴーを1/4ほどを使ったヨーグルトを合わせると、1日の適量のビタミン、ミネラルを余裕でカバーできるのです。

春菊の味と香りがちょっと苦手という方にも、是非一度試していただきたいサラダ春菊のマイルドな個性!^^ どうですか?

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です