ルドルフとイッパイアッテナというお話し

1人で読めれば想像の世界が広がるね - 『ルドルフとイッパイアッテナ』

この物語は猫の物語、ちょっと変わったお話しです^^お子さんが本を自分一人で読むことができるようになったなら、是非勧めてあげたいお話しです。きっと、ひとり自分の力で、猫たちの世界をのぞきに行ってみるような、わくわく楽しい時間が過ごせると思います。

もっと読む
© Can Stock Photo Inc./fisher-photostudio

恋と愛のアンソロジー 『LOVERS』

どんなふたりを恋と呼び、どんなふたりを愛と呼ぶのか - その答えは私たちひとりひとりみんな違う、男と女の間に正解というものはない - 物語をひとつひとつと読み進めるほどに、そんな思いが強くなる一冊です。短編集ですから、ひとつひとつの物語にストーリーが短かく、そのあと2人はどうなったの?あるいは2人はこうなってほしいと結末を求める思いで読もうとすると、どこか肩透かしをされたような感覚になってしまうかも知れません。

もっと読む
heaven-and-hell

あの世から見る世界?! - 『椿山課長の七日間』

亡くなったあと、申告して? その内容が認められれば初七日の間だけ現世に戻れる!?
自分がいなくなった世界をあの世から見るとこんなふうに見えるのかも知れませんね。

見たいような見たくないような - けれど、誰もがどこかで一度はこんな風景を想像したことがあるかも知れないなと感じるお話し。
のぞいてみますか?^^

もっと読む