バリスタ: 味の濃さ・薄さにさらにバリエーションを

湯量を変えるだけではない、味のバリエーション

スポンサードリンク

ネスカフェ バリスタで作ることができるブラック系のメニュー - エスプレッソ、ブラック、そしてマグサイズブラック - は、それぞれにお湯の量を変化させて、味の濃さ・薄さを好みに合わせることができますが、実はこの味の調節は、もとになっているコーヒーパウダーを変えることでさらにバリエーションが増えます。「バリスタ: お湯の量の調節」をご覧ください)、

皆さんご存知のコーヒーパウダー - [A] NESCAFE GOLD BLEND カフェインレス、[B] NESCAFE GOLD BLEND、そして [C] NESCAFE 香味焙煎(中煎り) を使うと、同じエスプレッソもより濃く、あるいはより薄く味わえる、そんな提案です。

NESCAFE GOLD BLEND の味のバリエーション

コーヒーの味のエレメントを苦味と酸味に大別したとして、[B] NESCAGE GOLD BLEND は酸味にウェイトが置かれたテイストではないかと私は思っていますが、 そのテイストを基準にして[A] NESCAFE GOLD BLEND カフェインレスと[C] NESCAFE 香味焙煎(中煎り)のテイストを比較すると、[A] のカフェインレスは酸味がよりマイルドになった分、全体的な味わいはより軽め[C] の香味焙煎(中煎り)は苦味がよりストロングになった分、全体的な味わいはより濃厚だと思います。

つまり、

  • より軽くライトな味わい(薄め)を望むのであれば
    [A] NESCAFE GOLD BLEND カフェインレス、
  • より濃厚で芳醇な味わい(濃いめ)を望むのであれば
    [C] NESCAFE 香味焙煎(中煎り)

を選んでみるといいと思います。

エスプレッソをベースとするカフェラッテや、そのバリエーションでカフェマキアート、ラテマキアートを試してみようとするのであれば、[C] NESCAFE 香味焙煎(中煎り)を選ぶと、納得の味に近づけやすいと思っています。

[A] NESCAFE GOLD BLEND
カフェインレス
[B] NESCAFE GOLD BLEND [C] NESCAFE
香味焙煎(中煎り)
Type_A Type_B Type_C
Taste_A Taste_B Taste_C

私の味覚を基準にしたバリエーションですから、是非、ご自身の味覚で試してみてください。

ご注意:

バリスタは1杯ごとにコーヒーパウダーを入れ替えるという設計になっていません。その点はお間違いなく!
このテイストのお奨めは、小瓶タイプで事前にそれぞれの味わいを確認し、専用のチャージパッケージに切り替えてからバリスタでの実際の味わいを試しています。一度チャージしたパッケージのパウダーが終わるまで、次のパウダーをチャージすることはできません。通常のチャージ型パッケージでは、3種類のお試しに優に1ヶ月以上の時間がかかってしまうと思います。

飲み比べてみると分かる GOLDBREND の味の特徴

湯量とカップのサイズの関係をまとめた表に、湯量による味の濃さ・薄さ(横方向)とコーヒーパウダーの種類による味の濃さ・薄さ(縦方向)を組み合わせてみました。

  • カップサイズは 左ほど大きく、右ほど小さく
  • お湯の量は 左ほど多く、右ほど少なく
  • 湯量による味の濃さは 左ほど薄く、右ほど濃く
  • パウダーのタイプによる味の濃さは A が薄く、B が標準、C が濃く
    とみてください

味のバリエーション_2

[A] NESCAFE GOLD BLEND カフェインレス、[B] NESCAFE GOLD BLEND、そして [C] NESCAFE 香味焙煎(中煎り)

ペーパードリップやネルドリップ、あるいはサイホンを使うにしても、コーヒーの味は豆や焙煎、引き方に淹れ方といくつもの要素が関係しあって決まるものですね。
だから、同じ産地・同じブレンドのコーヒー、同じ淹れ方をしていてもいつでもいつもの味を繰り返し再現して出してくれるプロの技には感心する以外にありませんね。

スポンサードリンク

バリスタで淹れるコーヒーの味をこんなふうに一覧して見ることができるのは、

  • ゴールドブレンド(コーヒーパウダー)の味 と
  • バリスタの抽出(お湯の温度と量)

がお任せ! だからこそですよね!^^

それでも味や濃さ・薄さ、量でこれだけのバリエーションが楽しめる! これがバリスタの魅力ですね!!

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です