behind-his-words

日野原重明さんが残してくれた言葉 -『生きていくあなたへ』

あなたは何を感じますか? 「105歳 どうしても遺したかった言葉」というサブタイトル、そして1ページ1ページに綴られている言葉から伝わってくるもの - それをどう言えばみなさんに伝えられるだろうかと考えます。 日野原さんはこういう人だったんだなと感じることばか[…]

もっと読む
最後の意思_それは家族のために

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語 - 主人公が教えてくれるもの

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 第七回は「話せなかった思い」。
その物語を見ながらちょっと複雑な思いになりました。たとえ肉親とは言え、互いの思いは共有すべきなのか、どこまで共有できるものなのか - そんなことを思いながら、亡くなった両親を思い出したのです。

もっと読む
fighting with your job to find your way

自分らしさって何だろう - そんな思いを大切に

何かの本で読んだことだったでしょうか。あるいは、と考えても、誰かに教わったような記憶もないのですが、もし人に厳しく接するとしたら、自分にも同じように厳しくあるべきだろう、それと同じように、人に優しく接するとすれば、同じように自分に対しても寛容であってもいいのじゃないか。なぜ人に対しても自分に対しても、同じようなバランス感覚で接することができないのだろうそんなことを考えていた時期がありました。

もっと読む