plan of your life

『LIFE SHIFT』 - 高齢化社会に自分の人生をどう重ねるか

100年ライフや100年ライフに関係することを理解するには「経済学」「心理学」そして「個人のアイデンティティ」と「社会的な要因」が必要だと言っています。もし、私たちの先入観にあるかも知れない「不安」の「その原因」になっているものがその「社会的な要因」で、”無視できない” ものだとしても、それがすべてはないということですが。

もっと読む
search-and-find-dicrection-to-go

終活 - 人生100年というときの「定年」て?

たとえば85歳まで寿命があるとすれば、55歳で定年として余生が30年。今は人生100年⁇ を前提した生命保険なんていう製品が売り出されるようになっているようですが、65歳定年で寿命85歳として20年の余生。かなり強引な単純計算かも知れませんが、定年が10年延びることで、当然ながらその後の余生は10年短くなる。この10年の差は私たちの暮らしにどんな意味を持つだろうと考えたりするのです。

もっと読む
see-your-shining-life

五木寛之さんが語る100年ライフ? -『「百歳人生」の折り返し方』

40歳になった自分を想像することさえできない、と言っていた若くて、本当に何も知らなかった自分ではなくて、「立ち止まる」という言葉にも「人生を考える」という言葉にも、それなりの思いがつながっていることを思うと、「別の生き方に切り替える」ということを実現してみなくちゃいけないな! と感じるのです。

もっと読む