グリーンスムージー - 春菊&リンゴのレシピ

鍋料理の主役「春菊」はスムージーの味が個性的!

スポンサードリンク

春菊と言ってぱっと思い浮かぶ料理は何でしょう?
春菊はどんな味のイメージですか?

和えものにしても鍋ものにしても、存在感のあるとても個性的な味の葉野菜とイメージがありませんか?

その味と香りゆえに、春菊が苦手という人も多いように思うのですがそのイメージが強いほど、グリーンスムージーの味のマジック? を確認できる葉野菜でもあると思います。
つまり、春菊の味がやさしく、軽やかになるんです!^^

レシピ_春菊とリンゴ
(c) Can Stock Photo

春菊リンゴの濃いグリーンスムージー色と
さわやかな味わい

きっと、春菊の味のイメージが変わってしまうと思います。
とてもさっぱり、さらっとした味わいで驚くだろうと思います。ほうれん草のレシピでも同じですが、グリーンスムージーを長く続けられるのも、この味のさわやかさがあるからなんだと思います。

春菊という葉野菜 - その味と香りの個性は、葉野菜の中でもトップクラス。
けれど、その栄養価の高さでも、同じ葉野菜のほうれん草や小松菜もかなわないトップクラスです。ほうれん草のレシピと同じように、味や香りが気になってしまうようであれば、春菊の量をちょっと抑え気味にしてみてもいいように思います。

ただ、春菊の栄養価とできあがりの味の軽さを思えば、遠慮せず? (こわがらずに?) たっぷり使ってもらいたいと思うのです。

MEMO:
フルーツの味が葉野菜の青い香りを抑えてくれるのは、ちょっとしたグリーンスムージー・マジック?^^ です。甘みのある味わいになるバナナ、さらっとした舌ざわりになる柑橘系フルーツとの組み合わせからはじめられてはいかがでしょうか。

今日のレシピは:

甘みとさらっと系のリンゴに、甘みのバナナと、さらっと系のみかんを加えたレシピです。

  • 春菊 1束の半分
  • リンゴ 半分
  • みかん(小さ目のもの)1個
  • バナナ 1本
  • 水 700cc
コップ1杯の値段は:

水700ccで作れる量はコップ5~6杯ほど。季節的に、リンゴの値段が少し下がってきているし、春菊が安く手に入ったら是非試してください。
1杯 35~40円前後です。

色や味は:
春菊とリンゴのレシピ_色と味
春菊とリンゴのレシピ

いかにもグリーンスムージーというイメージの濃いみどり色にできあがるのがほうれん草ですが、基本的にはそのほうれん草に負けない濃い色合いのスムージーができあがります。

春菊はスムージーにしたとき、葉野菜の色は組み合わせるフルーツによって濃く・薄くなり、味もフルーツが主体になっていることが分かる葉野菜のひとつだと思います。もともとの個性が強いからなおさらかも知れませんね。

今日のレシピで使ったリンゴとみかん、バナナは、普段、一番手に入りやすいフルーツだろうと思います。甘くさらっとした味わいに仕上げてくれる、スムージーの材料としても一番使いやすいフルーツの代表選手だと思います。

そうしたフルーツたちの味を邪魔しない春菊 - 実はその味も、とても素直な味なのかも知れないと思ったりするくらいのできあがりです。

ほうれん草よりも葉野菜の味が濃く、けれどフルーツの甘みとよくバランスした味のレシピです

含まれる栄養素の組み合わせはほうれん草と大きな差がないように見えますが、内容を細かく見てみると、ほうれん草がかなわない量の栄養を含んでいることがわかります。

春菊とリンゴのレシピ_栄養表

ビタミンC、ビタミンE、βカロテン:

  • 活性酸素を抑えてコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の予防に効果があると言われる抗酸化作用
  • 美肌効果
  • 整腸作用
  • 免疫力向上、風邪の予防
スポンサードリンク

カリウム、食物繊維:

  • 高血圧抑制
  • 便秘の改善や糖尿病の予防

肌のトラブル - シミやそばかす - の予防効果、抗酸化作用で体内の活性酸素を取り除いてくれるというアンチエイジング効果、細胞の代謝をサポートしてくれるビタミン群の肌荒れ防止効果と並べてみると、女性に勧めたい葉野菜だなと思うのです。食物繊維の整腸作用も手伝って、美肌効果が高まることはもう説明はいりませんね。

飲むレシピの話しからは離れてしまいますが、お風呂に入れれば冷え性の改善にも効果があるという春菊。旬に入って値段が下がれば申し分ないですね - 関東のあたりでは、特にお正月の間はちょっとそういう訳にはいかないかも知れませんが^^; -たっぷりしっかり味わいたいと思います。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です