外出自粛の中、自分でヘアカットしてみる?

機能アップして使いやすくなったバリカン

スポンサードリンク

今、バリカンは、手で動かすマニュアル方式のものを探すのさえ大変で、充電式で電動になっていますね。しかも、コームの位置を上げ下げする髪の長さを調整する機能とセットになって、とても使いやすくなっています。

新型コロナウィルスの混乱は緊急事態宣言となり、その宣言も解除された今日この頃。特に外出を自粛ぎみに暮らし、ヘアカットもしばらくの間プロにまかせることができないかも… と思うとしたら、新しい電動バリカンを購入してみませんか?

特に、子どもさんのヘアカットをしてあげたいと思うのであれば、こんな調整コーム付きの電動バリカンがお勧めです!

PHILIPS の Series 3000

意外と楽しめるヘアカット

プロの腕前にかなうわけはありませんが、感染したくないし・させたくもないというような環境ですから、自宅で自分でヘアカットも考えてみませんか?

調整式コームは扱いも簡単だし、仕上がりも思ったよりきれいにできます。
私は中学・高校のとき、手で使うタイプのバリカンを使って、自分の頭を自分でカットしていた経験があるんですね^^ だからかも知れませんが、このバリカンは “とらがり” の心配もほとんどないんです。

もちろん、頭皮に対してバリカンの向きが同じになるような使い方ができなくてはいけませんから、誰にでも… 簡単に… とは言えないかも知れません。
センスが必要かも知れませんね^^;

PHILIPS Series 3000

  • カットした髪の仕上がりの長さは 1 ~ 23mm
    コームを外すと最短 0.5mmも可能
  • 充電時間は 8時間
    コードを外しておよそ45分使えます

PHILIPS Series 3000の中でも私が選んだのは HC3515/15というタイプのもの。
今のこういう環境だからでしょうか、家電量販店で 3000 円かからない価格で買うことができました。

カットの長さ調節は超簡単

その機能でも一番の魅力は仕上がりの髪の長さの調節が簡単なこと。ロックボタンを押しながら、そのボタンがついている調整ノブを上下させるだけです。

ボタンを離せば調整ノブが固定され、操作は簡単です。

バリカン=丸刈り ではないのです

新型コロナウィルス対策のひとつとして始めようと思ったバリカンを使ったヘアカットですが、使ってみると、バリカンは丸刈りのツールではないねということ。

私のような “自分カット” では、うなじの生え際をしっかり短くきれいに… というわけにはいきませんが、慣れてくると、1か月に2回どころか、それよりもっと頻繁にヘアカットができますし、もみあげや顎ひげのカットだってできます。

子どもさんのヘアカットをしてあげるお父さんであれば、うなじの生え際もきっときれいに仕上げてあげられると思います。

カットのセンスに自信が持てるようなら、是非お勧めしたいです。

少しずつ腕を上げよう

私からアドバイスしたいのは…
両耳から上、トップよりの仕上げは応用編と考えていきなり頑張らないということ。

スポンサードリンク

指の使い方を覚えるとこのバリカンでもトップのカットはできるだろうなとは、思います。ただ、私のような “自分カット” ではちょっと無理かも知れません。

プロに任せられる日もそう遠くはないでしょうし(と希望したいところですが)、トップはプロに任せようと決めて、両サイドとうなじの生え際を整えながらバリカンの使い方とヘアカットのセンスを磨いてください。

  • より長い仕上がりからすそに向かって短めに、2段くらいに分けてカットするように心がけること
  • 両サイドは、両耳から上に向かってまっすぐ直線的に(バリカンを頭から離していくイメージで)カットしながら長さを調整する

最初は苦労するかも知れないですね^^;
でも、そういう単純・基本的なカットなら、十分に満足できる仕上がりを望めますから。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です