バリスタでマキアートを入れてみる

ミルク+ドリップコーヒーがカフェオレならば、ミルク+エスプレッソでカフェラテ

スポンサードリンク

カフェ・オ・レcafé au lait)はフランス語。熱くいれたコーヒーとあたためたミルクを1:1の割り合いでブレンドして飲む、フランスの人たちが好むと言われる飲み方です(→バリスタで入れるカフェオレ)。

カッフェ・ラッテcaffè latte)はイタリア語。コーヒーにただミルクではなく、蒸気であたためたミルク(スチームミルク)を注ぐ、イタリアでの飲み方です。しかも、イタリアでのコーヒーの多くはエスプレッソとしていれることが多いので、こちらはエスプレッソとミルクの1:1の割り合いのブレンドです。

エスプレッソとミルクの組み合わせかたを変えると、ラテ・マキアートやカフェ・マキアートの雰囲気も楽しめると思うのですが、どうでしょう。

エスプレッソにミルクをわずかに加えたのがカフェ・マッキアート(caffè macchiato)、たっぷりのミルクに少しだけエスプレッソを注ぐとラテ・マッキアート(latte macchiato)です。わが家のデミタス・カップの容量は100mℓ。バリスタのエスプレッソの標準湯量はおよそ80mℓですから、10~20mℓほどのミルクをあたためて足してあげるとカッフェ・マッキアートができあがります。

そのコーヒーとミルクの量の配分を逆転させればラッテ・マッキアートになりますが、残念ながらバリスタで、80mℓのミルクに10~20mℓのエスプレッソを入れることはできません。ですから、私が奨めるラッテ・マッキアートは、レギュラー・サイズのカップ(200mℓ前後)に100mℓ前後のミルクを測り、電子レンジであたためておいて、バリスタで入れたエスプレッソを足してあげるというものです。ご想像どおり、一度に2~3杯ほどが作れます。

レギュラー・サイズのカップにミルクを100~120mℓを測り、電子レンジであたためておいて、エスプレッソの湯量を最少限(約40mℓ)まで絞り込めば、レギュラー・サイズの1人用ラッテ・マッキアートができあがります。

できあがりは140~160mℓほど。街のコーヒー店で飲むShortサイズより少し多めと思えばよいでしょうか。

ラテ・マキアート カフェ・マキアート カプチーノ
ラテ・マキアートとカフェ・マキアート  カプチーノ
 エスプレッソ < ミルク  エスプレッソ > ミルク
ミルク多めにコーヒーの味 ミルクを少なめにコーヒーの味  カプチーノの入れる

みなさんご存知のように、本当はエスプレッソはコーヒー豆は細かく挽いて、エスプレッソマシンを使い、沸騰したお湯に圧力をかけて抽出するコーヒーですから、バリスタでいうエスプレッソは濃い味で雰囲気を近づけたコーヒーと言うべきでしょう。でも、その手軽さこそ、インスタントの良さです。

スポンサードリンク

コーヒー・パウダーのゴールドブレンドもまた、プロが練り上げた味です。本物にはまねができない手軽さで、本物の雰囲気を楽しめると思いませんか?

バリスタの良さはやはり、メニューのバリエーションだと思います。ミルクをベースとしたラテ・マキアートから1:1でコーヒーとミルクをブレンドするカフェ・ラテ、あるいはカフェ・オ・レまで、それぞれの好みに合わせたメニューを工夫したり、楽しむことができるバリスタは、ファミリー向けとしてお奨めできるコーヒー・メーカーです。

 

NESCAFE、GOLDBLEND、ネスカフェ、ゴールドブレンドおよびバリスタはNestle Groupの登録商標です。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です