情報の高速化とともに変化する表現の方法

言わずもがなのことですが、パソコンやタブレット、iPhoneやスマートフォンなどのデバイスの進化とともに、私たちの間で日常的なものになった「つなぐ」、「つながる」という言葉。私たちを「つなぐ」技術も大きく進歩しています。

するのに合わせて、「伝える」という方法や形は

情報の伝達方法 - 「伝える」方法 - も大きく変わってきています。かつてははがきや便箋に綴っていた文字も、ノートやレポート用紙を調達してきては書き留めていた覚書さえ、手のひらサイズの小さなデバイスに向かって、アプリを立ち上げ、同じ書式の端正な文字にして伝えたり、残しておくことができるようになりました。

伝えるということを考えてみれば

スポンサードリンク

そのひとつが時間、そして作業の分担です。

 

製品の情報を得たいと思えばパンフレットやカタログ、フライヤーを店頭でもらって読んだ時代は、もう過去のものになりつつあるように思いますが、印刷物として製品に添付されていた取扱説明書さえ電子化されるようになっています。

発行しようとする情報は同じ(たとえば、ユーザーに製品の使い方を伝える内容)でも、発行の形態が変わっている - 印刷から電子化へと発行の形が変化しているということは、かつて印刷の前工程として行われていた編集の仕方、「情報を並べる作業」の方法が変化しているということを意味しています。

 

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です