let-it-be

親が病に倒れたとき - “あるがまま” を忘れずにいられるか

父はリュウマチと肺炎で、母はがんで、義母はやけどや転倒、そして腎不全で病院に行かなかったり行きたがらなかったり、検査や手術を拒否したり、人工透析を受けないなど

以前、病院に行きたがらないにはそれなりの理由があるのだから、とにかくまず、その思いを聞いてあげてください! と自分の経験を記事にしたのですが、病院に行って診察を受ける… そのことを母本人はどう思っていたのだろうという思いが、やはり完全にはなくならずにいます。

もっと読む
自分と家族の安心のために

あなたの終活はうまくいっていますか?

私は、両親の闘病から介護、葬儀、そしてその後の相続という経験をしてきました。よく似た経験をお持ちの方は少なくないだろうと思いますが、自分が求められ、対応してきたいくつもの判断や決断、そして諸手続きを自分の家族が求められるときのために - 自分の緊急、あるいは最後の時のために - できる用意はしておこうと思うようになりました。

もっと読む