コーヒーメーカーを使う

インスタントコーヒーという言葉はもう使わない?!

スポンサードリンク

ネットワークで口コミ記事を読んで気になっていたコーヒーメーカー、ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタを使い、ドールドブレンドというコーヒーを飲むようになってもうずいぶんになりますが、最近になって感じるのは -
今はもう、インスタントコーヒーという言葉は使わないかな? ということ。

バリスタがなく、ただスプーンではかってからお湯を注いでいただけのパウダーコーヒー - インスタントコーヒーはそんなイメージのコーヒーですが、フリーズドライ製法が使われるようになってからというもの、「インスタント」という言葉のイメージは薄れてきているように思います。

フリーズドライ製法そのものも進歩していますし…。

 

インスタントのコーヒーパウダーを使うコーヒーメーカー

コーヒーメーカーと言えば、レストランで使うようなコーヒー豆を使ったタイプのものを連想する方もおられるかも知れませんが、バリスタという製品はちょっと違います。使うのはインスタントのコーヒーパウダーです。

それだけに、インスタント コーヒーをちょっと違った形で入れるだけだから、コーヒーと言えるほどのものにはならないと、コーヒー通の方の中には厳しくおっしゃる方もおられるようでしたが、そうしたご意見も確かにその通りだろうと思いながら購入をしました。私はコーヒー通を自称するほどコーヒー党というわけではないものの、私も時間さえ許せばサイホンでキリマンジャロを入れたい方です。一日に何杯かのコーヒーも、クリームや砂糖を使うことはありません。いいえ、正確には、クリームや砂糖を入れなくなりました。

コーヒーの美味しさは、香りと、もちろんコーヒー豆の味。その味は、苦みやあるものは酸味、こくとして親しまれていると思いますが、最近の私はコーヒーそのものの味もそうですが、コーヒーを入れ、飲んでいる時間を楽しむようになっているかなと思っています。豆や挽き具合を選び、入れ方を選んで楽しむのとは違って、インスタントにはインスタントなりの楽しみ方があっていいと思ったことが、口コミをいろいろ読んだ後で、やはりこの製品を買おうと思った理由のような気がします。インスタントの味にあきたわけではないけれど、コーヒーを飲む回数が少ないとは思っていないだけに、ミルクを使った、もう少し胃にやさしい飲み方がほしいと思っていたということもあります。

インスタントの楽しみにバリエーションを

インスタントとは言え、いくつものバリエーションで楽しめるのがこの製品の売りだろうと思います

  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • エスプレッソタイプ
  • ブラックコーヒー
  • ブラックコーヒー マグカップサイズ

言い換えると NESCAFE GOLD BLEND というインスタントは、ミルクやお湯の量との組み合わせで、この5つがお勧めだと思います・・・それをパッケージにして提供してくれるのがこの製品 - そんなふうに言えるのではないかと思います。

コーヒータンクと呼ばれる入れ物に、専用パッケージで売られているコーヒーを入れ、

  • 付属のミルク計量カップで測ったミルクをカップに入れてカフェラテ・ボタンを押す
  • 同じ計量カップの別の目盛りでミルクを測り、カプチーノ・ボタンを押す
  • ミルクはなしでカップのサイズを変えてボタンを選んで、エスプレッソブラックコーヒーのボタンを押す

コーヒー自体の濃さを調整するために、お湯の量を変える機能も備えています。

ミルク系と説明されているカフェラテやカプチーノはミルクを泡立ててからコーヒーが注がれます。沸かしたミルクを注いで作るカフェオレとは違う風味があって、この泡立てたミルクは、インスタントでは得られない楽しさのように思います。

インスタントはインスタント以上になれない - それは確かにそうだと思います。あまり期待しすぎてはいけないだろうと思います。

  • ミルクの泡立てでは周りにミルクが飛び散ることがありますし、
  • カフェラテ、カプチーノではお湯の量を調整できない、つまり、濃さが調整できないということがありますし、
  • お湯の量を調整してみて、薄めのアメリカンを求めても味が濃いということになるのではないかと思います。
  • コーヒーを受けることができるカップの大きさにも注意が必要でしょう。

マグカップにお湯を注いでおき、同量のブラックコーヒーを入れてみる、それが好みの濃さになるかどうか試してみなくてはなりません。

言い換えれば、そうやって、自分の好みを探せるのがインスタント・コーヒーの良さであり、このコーヒーメーカーの楽しみ方なんだと思える方にはお勧めだろうと思います。そうした楽しみ方、自分の味を探すことを楽しむという点では、レギュラーコーヒーと変わりはないと思うのです。

使い慣れてきたNESCAFÉ GOLDBREND Barista

スポンサードリンク

このコーヒーメーカーの手軽さはインスタントならではのものでしょうか。その一方、できたコーヒーを見て、インスタントらしからぬと感じる方は多いのではないかと思います。いつも同じ味で楽しめるようになるのに、それほどの時間はかからないと思います。

バリスタ、コーヒーパウダーを入れる バリスタ、水を入れる バリスタ、ドリップトレイを調整する
トップカバーをあけてコーヒータンクを取り出しコーヒーパウダーを入れます  本体背面のウォータータンクに水を入れて カップの高さに合わせてドリップトレイの高さを調節し
バリスタ、計量ミルクカップ メニューに合わせてカップを用意
ミルク系のカフェラテ、カプチーノは、専用の計量カップでミルクを測り、カップに入れます
バリスタ、電源オン バリスタ、スタンバイ バリスタ、カプチーノボタン
電源ボタンを入れると電源ボタンのインジケーターが赤く点灯して、コーヒーを入れる準備が始まります 緑に変わるのと同時にすべての選択ボタンが緑に点灯すれば準備完了です。カップをセットして・・・ 入れようとするコーヒーのボタンを押します。この例は、カプチーノ。
選んだメニューのボタンが点灯してお湯とコーヒーが注がれます。ボタンのライトがすべて緑の点灯になったら、さあどうぞ。

バリスタで入れるコーヒー

 

 

NESCAFE、GOLDBLEND、ネスカフェ、ゴールドブレンドおよびバリスタはNestle Groupの登録商標です。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です