ナンバープレース(ナンプレ)の基本テクニック

ナンプレは超初級でも縦2つ、あるいは横2つ以上のパターンを同時に見ながら数字を置く場所を判断するゲームですから頭の体操にはもってこい! そんな例を紹介しました。

縦2列、横2行が使いこなせるになったら、その次は縦1列+ブロック1つを覚えましょう。

まずは超基本の縦2列、横2行
typical basic technique typical basic technique
左中央のブロック、中央右に
空きマス1つを絞り込むことが
できます。
キーになる数字は6。
 その6を決めると…
左上のブロック、中央にさらに
空きマス1つを絞り込むことが
できます。
ここに入る数字も6。

超基本の縦2列、横2行のテクニックです。

そして、縦1列+ブロック1つ
typical basic technique, block typical basic technique

2か所の”6″ を決めることができると、上から4行目、左の2マスに何の数字が入るか特定できますね。
横にも「1から9」ですから、この2マスに入るのは”3″か”5″です。

それが分かったところで左下のブロックを見ると中央(つまり左2列目)に”5″が入っています。

つまり、上から4行目、左の2マスのうち、左2マス目に5を入れることはできない。
ということで、5は左側、右側に3が入るということが分かるのです。

スポンサードリンク

ここまでくると左中央のグロック、”2″の下、”4″の左は? そうです! “9” が入ればいいのです。

さあ、さらに中央右ブロックの”9″の位置、そして右上ブロックの”9″の位置が分かるでしょう?^^

縦2列、横2行の基本、そして横1行(縦1列)とブロック1つの基本 - これだけマスターできればナンプレ中級ももうすぐですよ!

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です