日本語で伝えるということ。英語で伝えるということ。

あらためて確認する、翻訳という仕事の役割り

スポンサードリンク

普段、英語を日本語に、ドイツ語を日本語にという仕事をしながら思っているのは、「この言葉(原文)はどんな日本語になったら一番自然で分かりやすいだろう」ということ。

そして、その次に感じることが多いのは、「この言葉は日本語にはない!」ということです。

tower-of-babel
(c) Can Stock Photo / ESchweitzer

旧約聖書の「創世記」に登場するバベルの塔を思い出しながら、世界の言葉はお互いに、よくここまで同じ意味の言葉、同じものを指す言葉があるものだと感心することが多いのですが、その一方で、”近似値” として一番近い意味合いの言葉をあてがってはいるものの、この言葉が含んでいるイメージは日本にはないものだなと思うこともよくあるのです。

だからでしょうか。より自然な日本語として翻訳を読みたいという希望が生まれてくるのは。

完全に同じ言葉がないというのが本当であれば、より自然な日本語にしてしまうことにはかなりの無理があるはずなのですが、日本語として読める文章に翻訳したいという不思議な注文があるのです。

While remembering the tower of Babel that appears in the Old Testament ‘Genesis’, the words of the world often tend to admire that each other has the same meaning of words and words that point to the same thing , On the other hand, although I have applied the word of the closest meaning as “approximate value”, it is often that I think that the image contained by this word is not in Japan.

Is it because? The hope of reading translations as more natural Japanese is born.

If it is true that in many cases we are not able to find the word of exactly same meaning between English and Japanese, for example, there should be considerable impossibility to make it more natural Japanese, but there is a mysterious order to translate it into a sentence that can be read as Japanese is.

たとえばこんなふうに英語を使おうとしてみると、”公用語” という英語の役割りを感じることができます。

日本人はとかく、文法的な正しさとか、使う言葉の適切性とかにこだわる傾向があるように思います。ところが、その感覚は日本人が日本人に向かって日本語を使うときの感覚なのです。それはそれで良いとしても、それ以外の語感があり得るということに疎いのが私たち日本人だという感じがするのです。

つまり、正しいか適切かではなくて、「言葉にしなければ伝わらない」という語感です。

日本ほど、通訳や字幕など、母国語への翻訳システムが整っている国はないのではないか。そして、そのシステムに依存しすぎているのではないか。他国の言語を言葉そのものとして受け入れず、すべてを日本語に置き換える習慣が身につきすぎているのではないか、と…..。

実際、各国町名人の来日には同時通訳のシステムが完璧に用意され、あらかじめ準備された概要が日本語のペーパーで配られることすらあります。彼らが使う言葉はもっぱら英語ですが、ご存知の通り、英語は世界の事実上の公用語です。つまり、公用語である言語を母国語に置き換える “いたれり尽くせり” のシステムが整っている国、それが日本なのではないかと思ってしまうのです。

出典:茂木健一郎氏 著・「「読む、書く、話す」脳活用術―日本語・英語学習法

確かに私も同じような感想を持っています。

スポンサードリンク

ヨーロッパを旅行すれば一つの国にいてもテレビやラジオを通してその国以外の放送を見たり聞いたりすることができますね。そんな経験を一度でもしてみると、日本はどうやって日本以外の放送を受信しないようにしているのだろうと不思議に思うくらい、「日本は日本語の国」だと感じるのです。

さて、そんな語感の私たちはどうすれば効率的に英語を学べるでしょうか?

to be continued…

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です