living-will-is-a-true-mind-of-your-family

親が自分の最後を語るとき。子どもが介護を思うとき。

親ならば、子どもに辛い思いをさせたくないと感じるのが人情というもの。そして子どもならば、親に辛い思いをさせたくないと感じる。互いの思いは同じなのにそんな親子が向き合うと、どちらが原因ということはないのだけれど、なぜかスムーズに話しをすること・気持ちを通じ合わせることができなくなる… そんなこと、ありませんか?

もっと読む
walk-with-your-child-and-with-your-parent

親であり、子であるということの大切さを確かめるために

私たちを支えてくれる拠り所のようなもの - その昔、常識と呼ばれていたものにはそんな頼もしい一面がある一方、使い方を間違えれば、私たちを縛り、私たちらしい自由な発想や行動を抑圧し、私たちを傷つけたりもした。

そんなことを思い出してみると、私はとりわけ、常識に逆らった若者だったな^^; と感じます。

もっと読む
sharing-QOL-with-your-family

余命宣告 - 母のがん闘病の経験で義母を支えることができたら

人工透析をしなければ余命は1年から2年 - そんな診断を受けた義母でしたが、診断を受けた直後から意思は固まっていた様子。

透析を受けるために体に準備をほどこし、副作用や体調不良を抱えながら延命しても意味はない。90歳近くまで生きてきたのだから、その先の延命と言ってもたかが知れている。
だから、透析は受けない… そう言うのです。

もっと読む