大切にするために

『いのちが喜ぶ生き方』 - 生きるための勇気とやさしさ

生き方… なんて、ちょっと重いかもしれないけれどスポンサードリンク 自分に訪れるそのときのために - これからの私は、家族と自分のために備えるという意味で、こうした問題を意識しながら過ごしていくのではないだろうかと思いながら矢作直樹さんの著書『「いのち」が喜ぶ[…]

もっと読む