iPhone のサイズ

モデルバリエーションと呼び名の関係、分かってました?

スポンサードリンク

iPhone 4 から iPhone のユーザーになってやがて10年になるかな?
2018年に XR に更新したのですが、保護シートに5mmほどの小さな気泡が入ってしまって、初めて保護シートを新調しました。

ところが、シートのパッケージに、対応モデル「XR」という表記を見つけられずに困りました。
iPhone には 7, 8 以降ずいぶんたくさんのバリエーションがあって、保護シートもそれと同じだけサイズのバリエーションがあるんだと気づいたのですが… たとえば、

iPhone 2018
iPhone X 専用 5.8 inch ディスプレイ

と書かれているだけ。しかも、「X 専用 6.5 inch」なんていうものが並んでいるので、どの保護シートを買えばいいのかよくわからなかったのです!^^;

ディスプレイ保護のシートはどれを選びましょ?

「XR」対応を探したい私は、”iPhone 2018″ という表記にピンとこなければいけなかったのですが、何とも困ったものです。

スポンサードリンク

モデルバリエーションや名称、そしてディスプレイのサイズの関係をまとめてみると、こんな表になりました。

バリエーションディスプレイ(インチ)
(iPhone 2016)iPhone 74.7
iPhone 7 Plus5.5
(iPhone 2017)iPhone 84.7
iPhone 8 Plus5.5
iPhone 2018iPhone XR6.1
iPhone XS5.8
iPhone XS Max6.5
iPhone 2019iPhone 116.1
iPhone 11 Pro5.8
iPhone 11 Pro Max6.5

iPhne 2020 とか、iPhone 12 (?) という呼び名はまだ仮のものなんですかね?
5G 対応機種という言葉もキャリアのサイトに踊っていますから、iPhone の新機種が出そろってくるのももうすぐでしょう。

呼び名にさえ乗り遅れないように、もう少し勉強しないといけませんね^^;

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です