お金の話から見えてくるあなたの人生観

曖昧であることのパワーとリスク

スポンサードリンク

住宅ローンを組む - ローンを払いながらの生活 - については大変さばかりが取り沙汰されます。
もしそれほど大変なものならば、住宅ローンを組まない借家暮らしのメリットがもっと説明されていていいし、マイホームでなければ得られないと思われているメリットを借家暮らしで得るにはどうすればいいかのアドバイスがほしいものです。

住宅ローンを組むと30年間の返済人生が始まります。ですから迷います。収入もそこそこあるし、安定した職場で、返済できそうな人でさえ迷うものです。
「買いたければ買えばいい」という考えは変わらないのですが、ひとつこんな質問を投げ返して見たいのです。
「住宅持つことによって背負い込むリスクを真面目に考えたことがありますか?」
あなたの場合はどうでしょう? それをきちんと踏まえて買うかどうかを決めていただきたいのです。

出典:佐藤治彦氏 著・「年収300万~700万 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話

たとえば、30歳で30年間のローンを組む、それがどういうことを意味するのか、分からない部分を分からないままにその決断に踏み込んでいるということはあるかも知れませんね^^;

ただ、分からない部分を分かってみて、賃貸で済ませるという選択をしたとしても、それはそれで、どうなるか分からない20年先、30年先のために、今日を我慢するということになる場合もあるのですから、一概にマイホームか賃貸かを決めることはむずかしいですね。

何しろ住宅を買うことは恋に落ちるのではなく、結婚相手を選ぶのと同じようなものだからです。30年後も愛していられるかを考えてほしいのです。一度買ってしまうと、持ち家を手放すことは大変です。これは、離婚するのが難しいところともなぜか結婚と似ているものです。

そうなのです、そういう方向転換もむずかしいものだと思います。
私もローン生活を続けている人間ですから、佐藤さんが言われることに間違いはないと思います。

でも、私たちはそう計算ずくで行動できるかというところが問題ですね。
言ってみれば、ダメだと言われて思いとどまるようであれば恋とは言わないだろうし、恋のパワー(と+αのように思いますが)がなければ結婚を意識することもない!? - そんな場合だってあります。

そうした暮らしが前提にあって住まいを考えようとするのですから、恋や愛ではなく、金が大事なんだからと言われてああそうでしたと舵を切れるものではないですね。

要するに「住宅ローンを払い続ける暮らし」ではなく、「マイホームに住む暮らし」でしょうし、「より柔軟に賃貸住宅を変えながらの暮らし」ではなく、「節約を重視したより安価な暮らし」。つまり、本来の意味に置き換えてみれば、ふたつの暮らしが何を重視しているのかが実はまったく別のものだということが分かるのです。

ただ、”わが家” というものが持つ安心、人生観や暮らしに対するモチベーションが「マイホームに住む暮らし」だとしても、リスクを忘れてはいけませんよ、というのが佐藤さんの教えです。具体的な統計の数値をつないで説明してくれますから、説得力がありすぎると言ってもいいほどです。

単純に左右にならべてどちらが優れた暮らしかと比べることに少々無理がある、そのことを深く認識できるようにしてくれるという意味で、この著書はとても信頼できるガイドです。

メリットとデメリットを見ようとしないことこそリスクだということが分かってきた

実家不動産にかかる費用と空き家法
(c) Can Stock Photo

少なくとも、ローンを返済しながらひとつの家に住み続けるにしても、たとえば賃貸住宅を借り換えながら暮らしていくにしても、あるいは親の家を相続して住むにしても、一長一短だということは確かです。

一長一短を別の言葉で言えばメリットとデメリット。ひとつひとつの選択肢をその両方から確認し、学ぶことが、「真面目に考える」ということです。

そして「真面目に考える」ということは、1つしかない正解を見極めるということではなくて、どの選択肢を選んでもメリットとデメリットがあるということを理解し、その上でどの選択肢が自分にとってベストなのかを見極めること、しかも、デメリットの比重が高くなった時にどう方向転換すればよいかの意識を持っておくこと。

そして、ここまで確認を進めてきて分かるのは、
その「真面目に考える」ためのアドバイスというのは、今、マイホームか賃貸かを考えている人のためのアドバイス、つまり今、住宅ローンを組むかどうかを検討しようとしている人のためのアドバイスだということ。

だから、ローン返済の暮らしの中にいる人に方向転換の可能性を示すアドバイスがほしいということです。

スポンサードリンク

それにしても私たちは、お金とか生命とかいうものを遠巻きにし過ぎる - そんな感想も持ちます。「真面目に考えなければならない」ものを脇へ置いておこうとする、そんな気がするのです。

本当にこれでいいのか、もしそんな疑問を感じたのなら意識を深めるいいチャンスです。タイトルにあるようにこれは「お金の話」です。損か得か、可能か不可能かの二者択一がお金の話だと割り切って読んでください。

そうすると自分にとって「真面目に考えるべきもの」が何なのか、良く見えてきますよ。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です