ツールを使いこなす『人生は手帳で変わる』

アプリやツールの進歩か、生活や文化の変化か

スポンサードリンク

PCやiPhone、スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスで使えるカレンダーやタスク管理を支援してくれるアプリ、ソフトウェアはずいぶ んたくさんの種類がありますが、みなさんはどんなツールを使っているでしょうか。

この3週間実践ワークブックを読み、自分なりの工夫をしながら実践している中でそんなことを考えました。

そうした予定管理のためのアプリを使ってみながら、モバイルデバイスやアプリなどというものがなかった時代より、忘れないように•••とメモしておくこと が増えてないだろうか? ということを感じることがあります。

こうしたアプリやモバイルデバイスがなかった時代 - そう遠い昔のことではないと思うのですが - ポケットサイズの手帳とホールペンで、こんなにたくさんの予定やメモを管理していたのかな?と思うほどです。

過去から未来まで、すべての項目を一元管理できるような、アプリの機能が高まっているだけなのでしょうか?私たち自身がアプリを使って記録するということに慣れてきたので、項目数が増えているのでしょうか?あるいは私たち自身、自分で管理しなくてはならない予定やメモが増えているのでしょうか?

事の真相がどこにあるにしても、PCやモバイルデバイス上で今のカレンダーやタスク管理アプリを使っているのであれば、それだけの情報と時間管理を実行していることに変わりはないでしょう。そしてそうした環境の中で、時間が足りない、やるべきことが多すぎると感じることがあるとすれば、やはりこの著書はひとつの大きなヒントになるように思います。

© Can Stock Photo Inc.
(c) Can Stock Photo

フランクリン・プランナー実践入門書

「フランクリン・プランナー実践入門書」と題されたこの著書は、いわば3週間の実践コースですが、その内容を実践してみると、タイトルが表していることの意味がはっきりと分かります。

たとえば、”手帳は使い方しだいで時間管理の効果を高め、仕事の効率を大きく変える可能性を秘めている” というような、概念 - 捉え方、考え方などの思考、感覚 - を語っているのではなく、文字どおり 「人生」を変えるための Step by Step を示し、解説しているのです。

そしてその内容は “1st Week, 1st Day” から “3rd Week, 6th Day” へと1日1課のペースで続いていく Step by Step そのもの。それは、“このツールを使えば誰でも苦労せず理想的なスケジュール管理、タスク管理ができる”というような、受けの良いものではありません。その中の “3rd Week, 2nd Day” の章のタイトルが、この著書の内容をとても簡潔に総括しています。曰く、

タイムマネジメントとは、時間ではなく行動を管理する

3週間、21日の日数を要するほどの内容だと言えば、想像してもらえるでしょうか?

より良いツールの効果を最大限に発揮させて自分の目標に到達するには、使う人の価値観や発想を確認し、それぞれのSTEPとツールの意味を理解しすることが必要だと教えてくれる内容です。

アラームを使ったセルフリマインドを併用しながら予定を記録し、こなしていく日常の中で、もし時間の管理に限界を感じているとしたら・・・、もしより効率的なタスク管理を求めたくなっているとしたら、アプリや手帳を変えるのではなくて、そうしたツールを使っている自分の発想を変えてみる - そのトレーニングに参加してみる心の体力がありますか?

カレンダーとタスクの関係にあてはめながら、この著書の内容はこんなふうに概観できるのではないかと思います。

価値観を明確化する

仕事をし、日ごろの暮らしを重ねていく中で
自分は何を大切だと感じながら、何を選んで、どのようにふるまっているか

目標を設定する

自分にとって最も価値があり、その価値観に沿って目標を立てることで
見直しや軌道修正してもその目標へのルートに戻れるように

月間目標

目標を達成するために必要なエレメント、手順を確認して項目化
それぞれの項目を具体的な計画に落とし込む

週間計画

そして

日々の計画

スポンサードリンク

3週間という時間は少々長すぎると感じられるかも知れません。けれど、いわば”時間が足りない”症候群に陥ったまま、結果が出せないフラストレーションを拭い去ることができないままでいるのならば、そのうちの3週間を使ってみるのは悪いことではないはず - 少なくとも私は、そんな感覚でこの著書に踏み込んでみました。

そして、そんな生活習慣病とも言える症状も、自分で作り上げているのだということに気がついたのです。 “2nd Week, 4th Day” の章のタイトルも言っている

「時間がない」と言うけれど
きっちり24時間つかっています

確かにそうだと思うのです。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です