バリスタ: ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパックのお得さは?

インスタント コーヒーの手軽さを確かめてみると

スポンサードリンク

バリスタ専用として用意されているネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック。みなさんも使われていると思いますが、1パックで何倍のコーヒーが飲めるか、カウントしてみたことがありますか?

ほんとはパッケージに記載されていますから、カウントする必要はないのですね。ご存知でしたか?

これまでご紹介してきたように、バリスタで入れるコーヒーの味の調節はお湯の量を増やしたり、減らしたりすることで調整しますから、1パックで入れることができるカップ数はまず変わることがありません。その1杯あたりの値段はいくらになるでしょう。みなさんすでに確認済みではないかとは思いながら、確認してみました。

1杯あたりのお値段は

ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック70gパッケージの記載は「70g(35杯) - 1杯あたり2gで計算」となっていて、カプチーノ、カフェオレ(このメニューは私のオリジナルですが)で楽しむことが多い私がカウントしてみると、ほぼ記載どおり。

このネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック70gは、希望小売価格(税抜)638円という製品ですから、1杯18円ちょっとで楽しめる計算です。

コーヒーパウダーの種類によって主に味の濃さが変わるバリスタですが、そのコーヒーパウダーによる値段の違いを1杯あたりに換算してみると・・・

1杯25円ほど 1杯29円ほど

バリスタとの組み合わせで計算する1杯あたりのお値段は

新型のTAMAが発売されて初代バリスタを割安な価格で手に入れられるようになっていますね。新型のTAMAも機能・お湯の標準量に違いはありません*。ですから価格評価の点でも同じように参考にしてもらえるだろうと思います。その価格を、たとえば5400円としてみると、1日1杯のコーヒーを入れるとして、バリスタ+ゴールドブレンドの組み合わせでは2か月と1週間ほどで1杯あたりの値段が100円になります。

ネスカフェ ゴールドブレンド70gパック 638円 = 1杯18円
100 - 18 = 82円
5400 ÷ 82 = 65.85日(1杯/日) = 約 2.19ヶ月

それ以降は、コーヒーを入れるごとに1杯あたりの値段は下がっていく計算になりますね。

MEMO:
みなさんすでにご存じだろうと思いますが、TAMAのさらにそのあと、バリスタi [アイ] になると、コーヒーパウダーの量も専用のアプリを使って調整ができます。計算のもとになっている1杯2gを1杯1gにしたとすれば、1杯9円!^^ ほかでは味わえない? 安さです!!

1杯あたりの値段を重視するならバリスタ

スポンサードリンク

コーヒーを入れる、飲むのにあまり1杯の値段を気にすることはないように思いますが、コーヒー専門店の数が減って、コンビニの店頭でもコーヒーを安く買えるような環境になっているからでしょうね。あらためて確認してみるとバリスタ+ゴールドブレンドの組み合わせで1杯あたりの値段はこんなに安い - 私のように1日に1杯以上のコーヒーを飲みたい場合には、一考の価値があると思います。メニューのバリエーションを家族で楽しむなら、その経済的な手軽さはさらに高まりますね。

今では特定のルートを選ばないと手に入らない味(これは私の意見ですが^^)も是非確かめてみたいと思いませんか?

NESCAFE、GOLDBLEND、ネスカフェ、ゴールドブレンドおよびバリスタはNestle Groupの登録商標です。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です