脳細胞をストレッチしたくない!?^^ - アプリ “Sputnik Eyes”

気分転換はいつでも歓迎

スポンサードリンク
Sputnik Eyes
Sputnik Eyesのプレイ画面

ちょっと気分転換てできないものかなんて思うときに、ちょうどフィールドアスレチックで体を軽く動かしながら息を整えるインターバルのような感覚で、気分転換がうまくできるといいんだけどと思うことありませんか?

肩がはっているのかなと首を回したり、背伸びをしてみたり、場所と時間があるときには腕を上げたり回したり、腰をのばしたり。体に疲れを感じた時のストレッチは半分無意識にやっているような気がしますね。

Sputnik Eyes
Sputnik Eyesのプレイ画面

だから、ストレスを感じた時にはこんなふうに、考え事で頭が疲れた時はあんなふうにと、脳細胞もこうすると疲れが取れるんだよという方法があるといいなと思ったりします。

体はジョギングやウエイトトレーニングなど色々な方法で鍛えることができますが、脳細胞も鍛えたり、休めたりってできるものでしょうか?^^

ユニークなルールとユニークな面白さ

何も考えずにぼうっとする時間て意外と大事なんていいますが、本を読んだり、ブログの記事を書いたり、あるいは木工のデザインであれこれと考え事をしたり したとき、意識的に頭をリラックスさせたいと思いながらやっているゲームがSputnikです。

なぁんだ、ただのゲームアプリかと言うなかれです!^^

ルールは簡単、さりとて頭を使わなければ解けないパズルゲームです。ルールが簡単な点がみそですね。RPGはややもするとエンドレスにはまってしまうし、シューティングゲームはしっかり疲れる - それに対してSputnik Eyesの簡単なルール、ちょっとまったりした? キャラクターの動きとBGMは何気なくはじめて、何気なく止めることができる軽さです。

スポンサードリンク

わずか5分か10分のこの時間が、気分の切り替えには意外と効果的! 仕事の合間、コーヒー1杯の休憩時間を一人で過ごすなんてタイミングに1スクリーン解いてみる - その手軽さが脳にも効果的だといいのですが^^

さてこのSputnik Eyes、スクリーンの数は何十あると思います? パズル好きにはかえって毒かも知れませんね。くれぐれもはまらないようにしてくださいね^^;

ロケットは宇宙への夢
(c) Can Stock Photo

MEMO:
Sputnikはロシア語ではспутник^^; 衛星という意味ですね。今であればラジオ・スプートニクという通信社の名前として知られている言葉でしょうか? 50年以上前、人類として初めて打ち上げられた人工衛星の名前は文字通りスプートニク1号でしたね^^

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です