Google AdSense by BestWebSoft から Advanced Ads にプラグインを変更する

WPtouch Pro4 との組み合わせで広告コード配置を決めたいと思って選んだ環境は

  • WordPress 4.7.3
  • WPtouch Pro 4.3.10 + Multi-Ads(オプション)
  • Google AdSense by BestWebSoft 1.43

でしたが、そのうちPCモード側の広告コード配置に使っていたGoogle AdSense by BestWebSoft を

  • Advanced Ads 1.8.2

に変更。

私は今のところ、モバイル対応に WPtouch Pro4 を選んでいるのですが、Google AdSense by BestWebSoft (無償バージョン)が備えているプレースメント(広告コードの配置)バリエーションが、WPtouch Pro4 とぶつかるというのがその理由でした

先の記事の内容の再確認になりますが…
Google AdSense by BestWebSoft は PCモード側のプレースメントをサポートしてくれるプラグイン。そしてカバーしてくれる広告コードの配置は、それぞれのページに対して Before Content と After Content の2か所ですが…

このPCモード側のプラグインの設定が先に機能して、その設定が終わった環境をベースにしてモバイルモード側の WPtouch Pro4 の設定が機能するということが分かってきました。
しかも、この2か所がしっかりバッティングするのですね^^;

分かりやすく言えば…

コンテンツ前に広告コードを表示したいと思ってもしっかり意識しないと、 Google AdSense by BestWebSoft 側の “Before the content” と WPtouch Pro4 側の “プレコンテンツ広告” の両方の設定が機能してしまい、両方のコードが表示されてしまうのです。

 

Google AdSense by
BestWebSoft(無償版)
WPtouch Pro4
ヘッダー広告
フッター広告
Before the content プレコンテンツ広告
After the content ポストコンテンツ広告
中心コンテンツ広告

 

MEMO:
注意してください。
PCモード vs モバイルモードという意味ではPCモード側のプラグインがGoogle AdSense by BestWebSoftであっても、Advanced Adsであっても WPtouch Pro4 との機能の関係は同じです。

上の表、そして各プラグインの関係を分かりやすいように Advanced Ads を追加してみると、こんな関係になります。

 

Google AdSense by
BestWebSoft(無償版)
WPtouch Pro4 Advanced Ads
Manual Placement
ヘッダー広告 Header Code
フッター広告 Footer Code
Before the content プレコンテンツ広告 Before Content
After the content ポストコンテンツ広告 After Content
中心コンテンツ広告 Content(可変)
Sidebar Widget

 

WPtouch Pro4 vs. Advnaced Ads で考えると、ヘッダーから中心コンテンツまで、ほぼすべての設定がぶつかっているのが分かりますね。Google AdSense by
BestWebSoft のときと同じように、どんなプレースメントを取ったのかまとめてみます。

 

PC モード モバイルモード
Advanced Ads
WPtouch Pro4
 Manual Placement
 Header Code ヘッダー広告
 Footer Code* フッター広告
single.php/page.php Before Content プレコンテンツ広告
After Content ポストコンテンツ広告
 Content(可変) 中心コンテンツ広告
sidebar.php  Sidebar Widget

 

この一覧は、投稿ページ、固定ページに対する広告コードをどのプラグインで行っているかをまとめたものですが、表の左から右へ、設定の優先権があると考えてください。

たとえば、コンテンツの前に広告コードを表示しているのは single.php/page.php への直接設定。
Advanced Ads で重ねて設定はできません。
WPtouch Pro4 は専用のsingle.php/page.php を切り替えて使いますので、設定が重なりません。

逆に言えば、本体側の single.php/page.php の設定は WPtouch Pro4 の設定に影響しないので、そのままではモバイル用の広告コードが表示できなくなるのです。
そうしたプラグインそれぞれの性質をまとめたのが、この一覧です。

PC モード側の表示は

  1. single.php/page.php
  2. Content(可変)
  3. sidebar.php

モバイルモード側の表示は

スポンサードリンク
  1. プレコンテンツ広告
  2. 中心コンテンツ広告
  3. Content(可変)

という規定のコード3つを表示する設定になっています。

ついでに記録しておくと、PC 側の投稿ページ・固定ページ以外のページのフッターを Advanced Ads でカバーしています。

つまり、WPtouch Pro4 側の投稿ページ・固定ページ以外に対してもこの設定が効いていることになりますが、single.pho/page.php に対する直接の書き込み設定とプラグインによる設定 - 広告コードを表示するための出力にどういった違いがあるのかは、さらに別の機会に備忘録してみようと思います。