ロリポップ - サーバーの応答速度向上=モジュール版PHP⁇

サーバーの応答速度を高めることはできるのか⁈

スポンサードリンク

Page Speed Insight の速度チェック機能。
より高く、望ましい高速表示のために推奨される改善策を対応させて検査結果を見せてくれますね。

このPage Speed Insightが表示するアドバイスもあったし、今年初めあたりから、WordPressの反応も、ページ表示の体感速度もかったるい感じになってきた*ので、モジュール版PHPの広告にひかれて契約プランをライトからスタンダードへバージョンアップしました。

MEMO:
*: 速度の低下や反応の悪さがあるとすれば、その原因を突き止める必要を感じてはいましたが、そのためのトライ&エラーをやるにもそれなりにスペックの力が必要かなと判断したわけです。WordPressそのものの反応も良くなるでしょうか?

ロリポップのプランアップ - 後戻りできない

それにしても契約プランのバージョンに関するサービス - コンセプトはどこにあるのか - なぜプランのダウンバージョンができないのは、なぜなんだろう? となんとなく感じているのですが、まだ公式な説明を見つけられていません。

対応可能なアクセス数とかの機能面を見れば、サイトやブログの規模が成長するほどスペックが高くなければいけないようだというのは予測できそうですが、ステップバックできない理由が分かると、逆に、ステップアップするとき注意すべき要点も分かるような気がしませんか?^^;

普通は、表示やレスポンスが低い⁈ 遅くなってきた⁈ となれば、プロバイダーを変更! と発想するでしょうから、私は変に? 遠回りしているのかも知れませんね。

なぜ、こんなことに引っかかっているのか? つまり、マニュアル通りにならないことが多いからなんですね。マニュアル、あるいはインターネットで先輩方がアドバイスしてくれている情報というのは、あくまで原則論、一般論でそれをどう利用するか・できるのかは、それぞれの環境で違うということ。

プロバイダーがアピールしている できる! ことというのは、原則論。自分の環境 - WordPress のバージョンやテーマ、稼働しているプラグインなどなど - によっては、次の一手が原則論どおりに機能しないこともある… そのことを意識しておく必要があるようです - 少なくとも、私の環境・私の経験ではですが。

PHPが違うと何が違う⁈

昔、PCのOSや言語バージョンの違いに合わせて、自作のソフトウェアを作り(コンパイル)直していたのを思い出しますが、そのことを思い出せば、WordPress vs. PHP vs. テーマやブログインというのは
どれかを更新したり追加したりすれば、それぞれの互換性に問題が出るかもしれない⁈ という意識が必要ですね。

iPhone/スマートフォンでアプリをダウンロードしようとすると、使っているOSに互換性があるかどうかはスマホが調べて教えてくれます。

ところが、Windowsのユーザーであれば、経験した人もいるでしょう - ソフトウェアにしてもハードウェアにしても、新しいものを買おうとしたら、自分が使っているOS(Windows)のバージョンで使えるソフトウェアか、ハードウェアか確認しながら買ったり、インストールしたりしていましたよね。

WordPress を使う、WordPress でブログを運営するということには、そういう互換性に対する自己責任の感覚を無くさないようにしないといけないね、と思うのです。

少なくとも、ロリポップのサポートの丁寧さは、そんな自己責任を含めてステップアップを目指すビギナーには助けになることは間違いがないと感じています。

information of php, lolipop
ロリポップの案内

モジュール版PHPで速度は上がったか

体感速度は上がったように思います。

ただし、Page Speed Insight の測定結果には波があり(同じページに対する測定結果の幅が大きすぎると思われる)、その波があることを前提にしようとしても、プランのバージョンアップ前の測定結果をその波を前提にして複数の記録を残しておくということをやっていませんでしたから、納得のいく上がった・下がったの証明ができません。残念!^^;

今後、モジュール版PHPのバージョンをさらに上げることがあるかどうか分かりませんが、また、Page Speed Insightの測定環境がその時、今と同じように利用できるかどうかも分かりませんが、表示速度の測定結果は、上・下のサンプリングをしておこうと思います。

スポンサードリンク

ロリポップを頼りにブログ活動をはじめた私でしたが、そもそもプランを選んで契約を申し込んだときの自分のレベルの低さに驚きますね^^;

そもそも、契約申し込みの段階で、PHPのどのバージョンを選ぶか(選ぶべきか)ロリポップからのガイドがあったのかさえよく覚えていません。
「手頃な料金で、複雑な設定なしに、WordPressも使えてサイト運営・ブログ活動がはじめられるんだ!」- ではじめていたのですから。

もちろん、契約時点でガイドがあっても、超ビギナーの私に適切な判断ができたとは思えませんが…^^;

 

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です