測る道具 - 45°角を測る専用定規を使う

さしがねを使って45°を測る方法をさしがねの使い方の中で確認しましたが、その作業を何度でも正確に繰り返しながら墨付けすることを支援してくれる専用の定規があります。

マイターボックスで45度に切る
マイターボックスで45°に切る

製品名には「止型定規」と表示されているものがありますが、たぶん「留め」のことを言っているのだろうと思います。「留め」とは大工さんの言葉で45°の角度のことですから。その45°角を測るための定規「とめ定規」と覚えてください。

額縁の角を思い出してください。2本の木材を小口が見えないよう、それぞれ45°にカットして合わせる加工方法を「留め継ぎ」と呼ぶのはいわば「45°合わせ」という意味なのですね。

マイターボックスというツールを使えば留め継ぎのための45°カットが簡単・正確にできるということも確認しました。留め継ぎ=マイターを思い出せると、マイタースクエアという製品名に出会って留め定規のことだと想像しやすいだろうと思います。

止め定規
とめ定規
とめ定規の形は単純明快!

45°の墨付け専用定規ですから、45°に傾いた菱形をしており、1辺は木材にかけて使えるよう鉤型をしています。

45°に傾いた辺の長さは約80mmで定規の幅は約57mm。
幅いっぱいに1回で墨付けできる木材の幅は55mm程度ということになりますから、それ以上の長さ(木材の幅)の45°角の墨付けではさしがねや墨壺を使う方がいいでしょう。

私が使っているとめ定規は45°に傾いた辺に1目盛り3mmの目盛りが並んでいて、表裏がまったく同じデザインです。

 

MEMO:
45°を測れるということは、反対の135°も測れるということです。

とめ定規は使い方も単純明快!
止め定規で測る
とめ定規で測る
スポンサードリンク

45°の墨付け、つまりとめ定規の使い方も説明がいらないと言ってよいほど単純明快です。
定規の底辺の鉤部分を木材の基準となる辺にあてがい、45°のカットの基準点に合わせるだけ! もちろん、木材の基準となる辺が直線にできあがっていることが条件ですが、何度でも即座に45°角の墨付けが可能です!!

とめ定規の中には木材の基準となる辺を中心に、45°と90°の墨線を同時に引けるすぐれものもあります。

special type of miter scale
45°と90°の墨線を同時引く

45°角の墨回しには強い味方になること間違いなしです!

 

 

 

スポンサードリンク

2件のコメント

  1. すみません…最後の【とめ定規の中には・・・・・すぐれものもあります】という一文ですが、意味が解りませんでした。『角の墨?』『基準となる辺?』と、どの部分も、何のことを言っているのかさっぱりで、全体の意味もさっぱりでした。

    1. 指摘をしてもらい、ありがとうございました。
      自分の定規から写真を選んで説明を少し訂正しました。

      伝えたいことを分かっていただけると嬉しいのですが^^
      BlueSky

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です