墨付け - 墨線の引き方を確認する - 位置

「切る」「削る」の作業の基準は墨線

スポンサードリンク

のこぎりならばまっすぐ垂直な切り口、のみならばクリアな切り口の仕上がりを求めて道具を使いますが、そのとき、墨線をどのくらい意識していますか?

のこぎりの使い方に関連する「墨線のどこを切るか」の記事の中では、墨線=作品の仕上がりの位置 として墨線を引いているとすれば、その墨線に対してどう切るかということをお話ししました。

のこぎりの切り口がまっすぐ垂直であるに越したことはありませんが、のこぎりの切断作業1回だけで仕上がりサイズを得ようとするのではなく、仕上げの余地を残して正確な切断を目指しましょうという内容でした。

言い換えると、墨線そのものを切ってしまうのではなくて、墨線に沿うように、墨線を残して切る - そうすることで、残そうとする仕上げの余地をしっかり残し、のこぎりの切り口を確認しながら切断作業を進めることをお勧めしたかったのです。

「切る」「削る」は基本的にやり直しがきかない作業ですし、目指す完成品は体が触れる、あるいは手で触れて使うものを作ることがほとんどなので、仕上げを考慮して作業したいというわけです。

 

墨線の引き方を再確認 - 墨線をどこに引いているか?

そこで今回、「墨線をどのくらい意識していますか?」 と確認したいのは、切り方、削り方ではなく、墨線そのものをどう引くかというお話しです。

そもそも「墨線=仕上がりの位置・仕上がりのサイズ」としていますが、墨線そのものをたとえば、のこぎりの刃と同じように考えてみてください。墨線はどのくらいの太さで引いていますか?
そして、仕上がりの位置に対してどう引いているでしょう?

 

あらためて「仕上がりの位置に対してどう引いているか」なんて、あまり意識はしていないかも知れませんね。だからあえて、確認してみましょう。

how do you draw cutting line
墨線をどう引いているか
切ったり、削ったりの誤差はどこまでOKでしょうか?

「墨線のどこを切るか」でのこぎりの刃の位置を確認したときのイメージです。
少々見にくいと思いますが、この例では墨線を鉛筆で引いていて、その幅は約0.2mmという極細です。上の写真ではこの0.2mmの差をイメージしてもらいやすいのではないかと考え、仕上がりのライン(図の赤い線)を墨線の左側(仕上がり側)だという想定にしています。

極細ではありますが、その墨線を残して仕上げるのと、墨線が完全になくなるまで削って仕上げるのでは0.2mmの差が出ますね。この切断を材の両側に施すとすれば、左右合計で0.4mmの誤差が出ることになります。

0.4mmの差は無視できるほど小さいでしょうか? それとも、作品の形や水平、バランスなどに影響する大きさでしょうか?
少なくとも私の経験では、作品のになる部品であればその作品の水平、あるいはほぞであれば、大きすぎればほぞ穴にうまく収めるために木殺しのかけかたなど工夫が必要になりますし、小さすぎれば緩くてほぞ継ぎにならないということが起こります。

これも同じように見にくいかも知れませんが、仕上がりのラインを墨線の右側(図の青い線)だという想定にしてみると、どちらが作業しやすいかも含めて、墨線をどう引くかの意味が分かってくると思います。

which side is easy to draw line
作業のしやすさと墨線の引き方

 

「墨線のどこを切るか」 の前に 「仕上がり位置のどこに墨線を引くか」 がある

具体的に言えば、この墨線が仕上がりのライン(図の赤い線)に重ねて引かれているか、沿って引かれているか、沿っているとすれば仕上がりラインのどちら側を想定して引いているかを確認したいのです。
それが 「墨線をどのくらい意識していますか?」 の意味です。
言い換えれば、墨線を残すことで仕上がりになるように引くか、墨線をなくすことで仕上がりになるように引くかということ。
私のお勧めは、仕上がり位置の内側に墨線を引き、その墨線を残すように「切る」「削る」の作業をすること - 上の図の青い線の方のパターンです。

スポンサードリンク

最初の図の赤い線のパターンでは、墨線をなくすように「切る」「削る」の作業をすることになりますが、基準にしたい線をなくしてしまうため、特に仕上がりの最後が確認できなくなるのです。

 

この次は、墨線をどのように引いているか - 道具のことも確認してみましょう。

to be contienued…

 

 

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です