Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
言葉や情報
クローズアップ現代が伝えた「サイレントチェンジ」に思ったこと

クローズアップ現代が伝えた「サイレントチェンジ」に思ったこと

今、サイレントチェンジが問題になっている?! というようなニュアンスで伝えられていたように感じたのですが… 本当は何年も前から問題視されていたことなんですね。 その昔、安かろう悪かろうと言われ、欧米に並べるようになるにはどうすればよいかと研鑽を積んだと言われる日本のモノづくり?! - そんな話しも聞いたことがありましたが、日本のモノづくりが自分を取り戻してくれるといいがなと他人事のよう […]
言葉とあなたらしさ、ぴったり重なっていますか?

言葉とあなたらしさ、ぴったり重なっていますか?

使う言葉にさえ現れるゼネレーションギャップ 電話がなったので受話器を取ると、若い男の声がいった。 「佐藤さんでよかったでしょうか?」 反射的にムッとして、よかった? よかったとはどういう意図から出た言葉なのか? と訊きたくなった。ついぶっきらぼうな調子になって「ハイ」とだけいう。 そもそも我が国における電話のやりとりは、電話口に相手を呼び出すと、「✕✕さんですか?」(丁寧にいうとしたら「✕✕さんの […]
コンピューターが作る世界について行けるかな?

コンピューターが作る世界について行けるかな?

デジタルの世界に置き去りにされてないか AIやロボット技術がさらに進んだ世界を見てみたい、そんな思いがあるからか、今の私たち自身ももっとデジタルの世界が発展していくのと歩調を合わせて成長できると面白いだろうに、なんて思うこともあるのですが… デジタルも私たち自身の今いる場所のひとつ 生き方のバリエーションを豊かにしてくれんじゃないかと期待を寄せいていたデジタルの力が、実は私たちのものの […]
AIは人に勝って当然⁉︎ 将棋電王戦の不思議

AIは人に勝って当然⁉︎ 将棋電王戦の不思議

人間 vs. AI はどんな意味の対戦だった? 将棋電王戦のニュースを聞いて何かある種の違和感を感じるのですが、みなさんにはそういうことはありませんか? 端くれのプログラマーだった私が言っても説得力に欠けるのは分かっていますが^^; 将棋電王戦でAIが人間に勝った⁉︎ ということは、 将棋の目的、将棋のルールの中で人間を越える計算能力 - プログラムを見つけた・完成させたということにつながるでしょ […]
ブログを書くと分かる・鋭くなる?! 日本語力

ブログを書くと分かる・鋭くなる?! 日本語力

日本語の文字、特に漢字は表意文字と言われます*。文字の形そのものに意味があるということですね。 一方、アルファベットは表音文字で、音を示すことはできてもその文字だけで何かを伝えるということはできません。アルファベットを使う言語は、その文字を1つ、あるいはいくつかをつなげ、単語にしてはじめて意味を持たせることができるのです。 ただ最近、私たち日本人も、一文字の意味を感じたり理解したりすることが少なく […]
情報は文字にして伝える? - インターネット時代の文字の役割りとは

情報は文字にして伝える? - インターネット時代の文字の役割りとは

情報はこんなふうに高速化してきた 自分が関わっている仕事、そこで求められている技術や知識を確認してみようと、少し時代をさかのぼってみました。そこで分かったのは、「情報の高速化」の実際でした。 Windows95ほどはるか昔?! ^^; にさかのぼってその昔、自動車の車載マニュアル(取扱説明書)を作っていた時の手順を振り返ってみると… 原稿(内容とレイアウトを示したもの)を原稿用紙にまと […]
日本語はむずかしい?

日本語はむずかしい?

丸く、滑らかになっていく日本語 みなさんにとって、1999年はどんな年だったか覚えていますか? 1999年と言うと今から18年前。パソコンの2000年問題が言われた年だったということは覚えているのですが、言葉をどんなふうに扱っていたろう?? と思ったりします。 なぜ1999年なのかというと、その年が 大野 晋さんの「日本語練習帳 (岩波新書)」が発行された年だったということ。 そして、その本で日本 […]

無料の翻訳サイトで十分ですか?

自分たちの仕事に「情報サービス」というタイトルを付けて説明するようになったのは、いつの頃からだったろうかと思うことがあります。 自分たちの組織、仕事の仕方を見直そうとする活動の中で、自分たちの仕事も捉え直すことができるだろうか - できることなら、これまで意識していなかった新しいものが見えてくるといいのだが… と思いながら、悪戦苦闘を続けています。   古くて新しい? 情報サ […]
自分の言葉を信じて書こう

自分の言葉を信じて書こう

うまく書けないなら、練習あるのみ! 思えば、学校の授業の中でも国語と算数は二横綱^^; 中でも国語の苦手と言えば、読書と作文!? 子どものころのことを思い出せますか? どんなでした? 読書感想文でずいぶん悩んだという記憶があるのですが、その書き方を誰にどんなふうに教わったんだっけ?? と思うのです。 あいうえお も練習したものでした。もうはるか昔の思い出ですが、何となく覚えています。自分の名前はひ […]
デジタル化された情報、その意味が分かってきた

デジタル化された情報、その意味が分かってきた

言葉 - それ自体がアナログだということ アナログとデジタルの間、自分はどのあたりにいるだろう - そのぼんやりとした疑問と、情報の高速化、そしてiPhoneのように取扱説明書のない製品。 その3つが重なる場所。その場所がなんとなく見えてきたような気がします。 それは思えば、何をいまさら! というようなこと。つまり、 言葉そのものがアナログになっていることに気づけば、この3つのものがぴたりと重なっ […]
国際規格ISOとプログラミング言語の共通点 - ISOを理解するためのヒント

国際規格ISOとプログラミング言語の共通点 - ISOを理解するためのヒント

ちょっと不思議な共通点にもわけがある? 一見、何の関連性も共通点もないように見える “国際規格ISO” と “PCの世界でプログラミングに使う言語(特に高級言語と呼ばれる)” - この2つには共通点が1つあるのです。 そしてその共通点は、文書や文書の集まり - 別の言い方をすると、情報 -を管理するためのシステム、SGMLとかXMLという仕組みにも通 […]
iPhone/スマートフォンのサスティナビリティを知っていますか?

iPhone/スマートフォンのサスティナビリティを知っていますか?

インターネットやスマホは環境に優しいのだろうか 情報を消費する? ということが意味するもの 大量消費の時代は終わり - という言葉は折に触れて目にしてきた言葉だけれど、翻訳という言葉の世界(その一面)と付き合っていて思うのは、インターネットは言わば情報を消費するための世界であり、そのためのツールがiPhoneでありスマートフォンなんじゃないだろうかということ。インターネットとスマホというのは一重に […]
スポンサードリンク