Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
教養
『WORK SHIFT(ワーク・シフト)』が未来を考えるヒントになる?!

『WORK SHIFT(ワーク・シフト)』が未来を考えるヒントになる?!

今の子どもたちはどんな未来を想像しながら生活しているでしょう? 私たちは子どもたちにどんな未来を示しているでしょう? 私たち大人自身も描き切れない未来というものを仲間や子どもたちとどんなふうに共有することができるだろう- なんて思いながら「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」を読んでみて、ふと気づいたことがありました。   私たちは何かを目指して暮らし […]
NHKスペシャル『人生の終い方』をたどる

NHKスペシャル『人生の終い方』をたどる

1936年生まれと言えば、今年で81歳になられるのでしょうか。 「私といっしょに考えてみませんか」とNHKスペシャル・人生の終い方の中で私たちに話しかけてくれた落語家 桂 歌丸さんの場合も、「人生の終い方 自分と大切な人のためにできること」の中で紹介されています。 実は私たちも歌丸師匠と変わらず、任された世界を持っている、それをどう捉えるかは自分次第なんだ - そう言われているような気がしながら番 […]
『不都合な真実』 のその後 - 何を学び、何をするべきだろう

『不都合な真実』 のその後 - 何を学び、何をするべきだろう

なぜ今、「不都合な真実」なのか? それは、その続編が発表されたからにほかなりません。 10年前の初版、あるいはDVDが発表されたときに教えられたことはあの時のままでいるわけではない!? それをもう一度確認してみないといけないような気がするのです。 アジアに脈々と連なるヒマラヤ山脈には、世界最高峰のエベレスト山をはじめ、高さで世界14位までに入る山がすべてここに集中しています。 チベット平原にあるヒ […]
『見守られて生きる』 - その世界観のかけらが見えたかも知れない

『見守られて生きる』 - その世界観のかけらが見えたかも知れない

私が初めて矢作さんの世界観に触れたのは「人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-」 を通してでした。 信仰を持つ人間ではないという矢作さんが、語る世界観 - 文化や精神など私たちの日常と命をつなげて語る言葉は、私たちにひとつのヒントを与えてくれる言葉だなと感じます。 矢作さんは、『おかげさまで生きる』、『悩まない』、あるいは『魂と肉体のゆくえ』 、さらには 『人生は、約束』 などなど […]
100年ライフってどんなもの? - 『LIFE SHIFT』 を考える

100年ライフってどんなもの? - 『LIFE SHIFT』 を考える

100年ライフというものが、どれくらい自分自身に関わることか - まだどこかピンとこない感じがしながら読み進めてみると、生きるということをもう一度見直しておこう - そういう姿勢なしにその先を考えることはできないなと感じます。 寿命とか長寿、生活とか仕事というものは、ああそうか! と分かることができるほど簡単なものではないですね。でもだからと言って、そのまま!? にはしておけない、どこかでちゃんと […]
逆転した世界で自分を見つける - 『言ってはいけない脳と心の正体』

逆転した世界で自分を見つける - 『言ってはいけない脳と心の正体』

2017夏・文芸春秋SPECIALとして発行された書籍。 脳にまつわるあれこれを専門家の方たちが、それこそ様々な切り口から語った記事をまとめたものをとても興味深く読んでいます。 これまでは、どこかで聞いたことがあるけれど理解できているようないないような・分かっているようないないような、そんな知識の一部に過ぎなかった「我思う。ゆえに我あり」(デカルト)を現代の脳科学から語るとこうなるんだなと思わせる […]
『RICHMAN』- 自由とか幸福の意味を知りたいのならば

『RICHMAN』- 自由とか幸福の意味を知りたいのならば

私たちが本当に求めているのは 何かの宣伝文句ではありませんが 早い・安い・うまい⁉︎ がすべてだと信じ込んできている私たちに「アリとキリギリス」の話しは通用はしないかも知れませんね。 何のことでしょう?^^ そうです。 私たちは何を思いながら暮らしているかな? 何を大切と思っているかな? という話しです。 将来への備えを繰り返す地道な暮らしをバカにしてはいけないよ… そんな意味合いの教 […]
"右脳派左脳派の話に科学的根拠" はないの!?

“右脳派左脳派の話に科学的根拠” はないの!?

「脳」ってやっぱり不思議なもの 右脳とか左脳という言葉を聞いただけで、思考パターンの話しかな⁉︎ と思っていませんか? こう言う私もその一人!^^; 「お⁈ そうなんだね⁈」と思いながら「上手に気持ちを切り替えられますか? - 『3分で右脳が目覚めた』」なんていう記事を投稿したことがあったほど。 ところが…! 「え!? ちょっと待って!!」 という話しがあるんですね!^^; 右脳派左脳 […]
『それでもこの世は悪くなかった』 - 人生の先輩が語る言葉

『それでもこの世は悪くなかった』 - 人生の先輩が語る言葉

言葉はたくさん交わし、たくさん教わるべきだと思う 私のように生きたらロクなことになりませんよ、というのは、みなさんが物質的なことに価値を置かれるならという前提があります。今はもう世界中を物質的な価値観が覆っていますよね。精神性というのはどこにも無くなった。これからもその方向へどんどん進んで行くんでしょう。 まあ、好きなように生きていくんですよ、人間は。だけども、その中で精神性だけは少しでも残してお […]
『あなたの脳のしつけ方』 ー 自分の一部だから思うように使いたいけど

『あなたの脳のしつけ方』 ー 自分の一部だから思うように使いたいけど

この著書「あなたの脳のしつけ方」で語られている力は、 集中力 記憶力 判断力 モテ力 アイデア力 努力 強運力 愛情力 の8つの力。 私たちの脳にはこんなにバリエーション豊かな力があるんだな♪ と喜べるか、こんなにたくさんの力を使い分けなくてはいけない - それ程私たちの脳は複雑で厄介なもの⁉︎^^; と悲観するか。 その受け止め方を決めているのも脳の構造とか、そのときの体調とかなんだなと理解でき […]
自分の声にちゃんと耳を傾けることができるか

自分の声にちゃんと耳を傾けることができるか

『人は変化に期待するが 同時に変化を怖れる。』 出典:矢作直樹氏 著・「人生は、約束」 確かにそのとおりだと思います。 けれど、そんな自分の中にある限界を超えることってできるのでしょうか? 組織改編を進める会社組織の中にいるからでしょうか。変化という言葉にはずいぶんたくさんの意味があって、 自分たちは変わるべきだと言いながら、よくよく話しを聞いてみると、 そう言っている本人は自分が変わろうと思って […]
『人生は、約束』 - 私たちはその意味に気づけるでしょうか

『人生は、約束』 - 私たちはその意味に気づけるでしょうか

言葉も気持ちも生まれながらのものだから 日本人に日本語が通じない!? 矢作直樹さんの著書「人生は、約束」を読みながら、言葉とか気持ちとかいうものはとても不思議なものだとあらためて感じています。 あなたは言葉少な目ですか? 多めでしょうか? お風呂に例えるなら、心地良い、自然でいられる適温の言葉を私たちは探している - そんな気がしてきているのですが、これまでの自分の歩みをふり返ると、適温と感じるこ […]
スポンサードリンク