Do It Yourself。文字通りに訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
ビジネス書

楽しんでこその仕事! と言えるだろうか - 『仕事は楽しいかね?』

私たちの仕事の上の習慣はどこからきているでしょうね? 目標を確認し計画を立て、その計画に沿ってタスクを実行し、定期的に計画の進捗を確認する。予定のタスクを予定のスケジュールでこなしたあとは、計画と実績を比べて成果を確認し、成果が不十分と思われるところは計画や目標、あるいは手順を見直す。 たとえば私は、そんな目標管理の方法を訓練されてきた人間です。いつの間にかその手順や使われている言葉、イメージなど […]
松下幸之助氏に学ぶ仕事の意味 - 『わが経営をかたる』

松下幸之助氏に学ぶ仕事の意味 - 『わが経営をかたる』

松下幸之助という人が自らに課した社長の姿とは たくさんのHow Toものを目にするほどに感じるのは、私たちの社会も私たち自身も如何に迷っているかということ。松下幸之助氏の言葉を集めた「わが経営を語る (PHP文庫)」を読んで最初に感じたのは、その自分たちの中にある迷いでした。 テレビのニュースを見ても、新聞を読んでも、事実をそのままに伝えるものだからなのか、私たちの気持ちを引き立ててくれるようなポ […]
理想の上司と簡単に言うけれど - 『仕事は楽しいかね? 2』

理想の上司と簡単に言うけれど - 『仕事は楽しいかね? 2』

企業に勤めサラリーマンとして仕事を持つ。1日の1/3に近い時間をその会社で過ごし、通勤の時間を入れればその会社のために使う時間は1日の半分近くになることもあるでしょう。 集中力を高めて向き合うのが仕事というものですから、どうすればより良い仕事ができるだろうかと多くの人が考え、考えたことを実践しようと頑張るものです。 ですからもしかすると、著者が言おうとしているほんものの上司がどういう人たちなのか、 […]
目指すものは変わってしまったのか - 『プロフェッショナルの条件』

目指すものは変わってしまったのか - 『プロフェッショナルの条件』

15年を超える時間が経っているのだから、隔世の感を覚えても無理はないのでしょうか? P.F.ドラッカーの語る『プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))』を今読み直してみると、私たち自身の社会に対する認識がこうも変わってしまっているのかという思いをぬぐうことができません。 帯に印刷されているのは どうすれば一流の仕事ができるか? そして 自分 […]
人工知能への興味が自分の能力を意識するきっかけになる

人工知能への興味が自分の能力を意識するきっかけになる

人工知能に教えられる? 出発点をどこに置くかによって人工知能の歴史の長さに若干の誤差があるようですが、かれこれ50年を超える歴史を積み重ねてきた人工知能の研究は、ここ10年前後、IT技術の基盤を支えているとも言われているようです。 インターネットでの活用を代表として、私たちが知らず知らずに恩恵を受け、使っているIT技術の中にどんな人工知能がどんなふうに生きているのか知りたくて、第一人者の一人と言わ […]
会社はチームと信じるなら - 『経営者に贈る5つの質問』

会社はチームと信じるなら - 『経営者に贈る5つの質問』

『経営者に贈る5つの質問』 - を会社という組織を構成するメンバーの立場で読んでみて、経営者の考えを知ることは、チームを率いる監督の考えを確認する作業に似ていると強く感じています。   チームプレーを良しとする体育会系で過ごした時間が長かったからか、物事の考え方にもともとそうした傾向があるのか - 私には自分やチームメイト、果ては相手チームの状態を見てその時必要な行動を判断しようとする癖 […]
ブログの明日を探すヒント

ブログの明日を探すヒント

ブログを続けるためにエネルギーが必要ならば この著書は、タイトルのあと、目次の第1行目 はじめに - あなたはまだ、ブログの本当のすごさを理解していない というフレーズではじまります。 ひとつのことをきっかけにはじめた無料のブログを続けながら、書くということをさらに自分の日常に近づけたもの、内容にできないものか、ブログの技術や公共性・社会性をしっかりと学んで、自分の足で歩けるブログライフにできない […]
ツールを使いこなす『人生は手帳で変わる』

ツールを使いこなす『人生は手帳で変わる』

アプリやツールの進歩か、生活や文化の変化か PCやiPhone、スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスで使えるカレンダーやタスク管理を支援してくれるアプリ、ソフトウェアはずいぶ んたくさんの種類がありますが、みなさんはどんなツールを使っているでしょうか。 この3週間実践ワークブックを読み、自分なりの工夫をしながら実践している中でそんなことを考えました。 そうした予定管理のためのアプリを使って […]
仕事の多さ煩雑さに負けないために 『人生は手帳で変わる』

仕事の多さ煩雑さに負けないために 『人生は手帳で変わる』

仕事が多すぎる - もしも、そんな思い、言葉が自分の中にあるとしたら、仕事や時間に対する視線や取り組み方を少しだけ変えてみることはできないでしょうか? ○ とにかくやることが多すぎて、自分の時間がもてない! ○ 「タイム・マネジメント」は実践しているが、満足いく結果が出ない ○ 計画なんて必要ない!どうせ毎日がルーティン・ワーク ○ 「いつかそのうち・・・」のループから抜け出せない ○ 計画なんて […]
自分の覚悟を確認するために 『V字回復の経営』

自分の覚悟を確認するために 『V字回復の経営』

曰く 「2年で会社を変えられますか?」。 この一言にためらいや否定的な抵抗を感じて受け止めるとしたら、程度の差はあっても、会社を変えるという作業がいかに大規模なもので、時間がかかるものと直感していることの裏返しのように思うのですが、どうでしょう? 会社が直面している問題が深刻なほど、会社という組織とそこに根差した文化を変えることが必要なはずだが、それがそう一朝一夕にできるとは思えない - ましてや […]

世代を繋ぐ知恵 『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』

『素直な心で衆知を集め 自修自得で事の本質を究め 日に新たな生成発展の 道を求めよう』 という松下政経塾の塾訓を扉に、 「素直な心になりましょう。素直な心はあなたを強く正しく聡明にします」と、こういうことを言うてるわけですわ。 という言葉ではじまる著書『リーダーになる人に知っておいてほしいこと』は、松下幸之助氏が語った話しを松下政経塾が編纂したものですが、ISOのマネジメントシステムのように、確認 […]