Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
ビジネス書
"ワーク・シフト" - "100年時代の人生戦略" を支えるもの

“ワーク・シフト” - “100年時代の人生戦略” を支えるもの

著者「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」で “100年時代の人生戦略” を語ったリンダ・グラットンさんが、LIFE SHIFT に先駆けて発表していた「ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉」の一部が PRESIDENT 2017.12.4号 で紹介されています。 私たちの世代は後輩に仕事を引き継ぎ、後を任せられ […]
親は無くとも子は育つ? - 子を育てるために身を引くということができるか

親は無くとも子は育つ? - 子を育てるために身を引くということができるか

ショッキングな現実も自分ではなく、人のために活かすという発想 日本人にイノベーションは向かない。 日本人の社会は年長者尊重の気風が強い。 固定観念に縛られない新しい発想がイノベーションのエネルギーだが、そうした新しい発想は組織に慣れきっていない、より若い人間に特長的なもの。 ところが、そのエネルギーを発動させる権限は年寄りにあり、悪いことにその年寄りの知識や経験は古くなり固くなってしまっていてイノ […]
頭を切り替える - 普段はできないことをやる力とは?

頭を切り替える - 普段はできないことをやる力とは?

できてあたりまえ… 言葉にしないまでも求めていたり、言葉にされるよりも前に思い込んでいたり、雇われて働く私たちはどうも悲しい従業員人生を過ごしているような気になることってありませんか?^^; マックスの言葉が私たちの中にあるそんなディレンマをそのまま言葉として表現してくれています。 このなんとも切ない現実を素直に受け止めて、自分を見つめ直すためのヒントも語ってくれているのに気がつきまし […]
仕事は楽しいかね? その一言がすべての答え!

仕事は楽しいかね? その一言がすべての答え!

マネージメントを学ぶことで仲間の仕事を守り、仲間の仕事を発展させることができないか - 自分はどこかでそんなことを考えている、ということに気づいたのは「仕事は楽しいかね? (きこ書房)」のこの一節を読んだときでした。 主人公とマックスが語り合う話しが理解できるようになってきました。   仕事や事業に関して言えば、少し違う - 成功するためのルールはみんな知っている。そうしたルールは、何百 […]
目標を管理できてこそ仕事は成功する!?

目標を管理できてこそ仕事は成功する!?

何のための仕事だっただろう? 主人公とマックスの話しは、「成功」を求めて展開されていきますが、私たちのように、より良い仕事、仕事のあるべき形や姿を求めながら聞いていると、その話しの行方がイマイチ判然としないように感じます。 なぜなら、読めば読むほど、マックスの言葉に耳を傾けようとするほど、私たちにとっての常識が否定されてしまうからです。 成功に必要なのは目標であり、計画だと信じている主人公はマック […]

楽しんでこその仕事! と言えるだろうか - 『仕事は楽しいかね?』

私たちの仕事の上の習慣はどこからきているでしょうね? 目標を確認し計画を立て、その計画に沿ってタスクを実行し、定期的に計画の進捗を確認する。予定のタスクを予定のスケジュールでこなしたあとは、計画と実績を比べて成果を確認し、成果が不十分と思われるところは計画や目標、あるいは手順を見直す。 たとえば私は、そんな目標管理の方法を訓練されてきた人間です。いつの間にかその手順や使われている言葉、イメージなど […]
松下幸之助氏に学ぶ仕事の意味 - 『わが経営をかたる』

松下幸之助氏に学ぶ仕事の意味 - 『わが経営をかたる』

松下幸之助という人が自らに課した社長の姿とは たくさんのHow Toものを目にするほどに感じるのは、私たちの社会も私たち自身も如何に迷っているかということ。松下幸之助氏の言葉を集めた「わが経営を語る (PHP文庫)」を読んで最初に感じたのは、その自分たちの中にある迷いでした。 テレビのニュースを見ても、新聞を読んでも、事実をそのままに伝えるものだからなのか、私たちの気持ちを引き立ててくれるようなポ […]
理想の上司と簡単に言うけれど - 『仕事は楽しいかね? 2』

理想の上司と簡単に言うけれど - 『仕事は楽しいかね? 2』

企業に勤めサラリーマンとして仕事を持つ。1日の1/3に近い時間をその会社で過ごし、通勤の時間を入れればその会社のために使う時間は1日の半分近くになることもあるでしょう。 集中力を高めて向き合うのが仕事というものですから、どうすればより良い仕事ができるだろうかと多くの人が考え、考えたことを実践しようと頑張るものです。 ですからもしかすると、著者が言おうとしているほんものの上司がどういう人たちなのか、 […]
目指すものは変わってしまったのか - 『プロフェッショナルの条件』

目指すものは変わってしまったのか - 『プロフェッショナルの条件』

15年を超える時間が経っているのだから、隔世の感を覚えても無理はないのでしょうか? P.F.ドラッカーの語る『プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))』を今読み直してみると、私たち自身の社会に対する認識がこうも変わってしまっているのかという思いをぬぐうことができません。 帯に印刷されているのは どうすれば一流の仕事ができるか? そして 自分 […]
人工知能への興味が自分の能力を意識するきっかけになる

人工知能への興味が自分の能力を意識するきっかけになる

人工知能に教えられる? 出発点をどこに置くかによって人工知能の歴史の長さに若干の誤差があるようですが、かれこれ50年を超える歴史を積み重ねてきた人工知能の研究は、ここ10年前後、IT技術の基盤を支えているとも言われているようです。 インターネットでの活用を代表として、私たちが知らず知らずに恩恵を受け、使っているIT技術の中にどんな人工知能がどんなふうに生きているのか知りたくて、第一人者の一人と言わ […]
会社はチームと信じるなら - 『経営者に贈る5つの質問』

会社はチームと信じるなら - 『経営者に贈る5つの質問』

『経営者に贈る5つの質問』 - を会社という組織を構成するメンバーの立場で読んでみて、経営者の考えを知ることは、チームを率いる監督の考えを確認する作業に似ていると強く感じています。   チームプレーを良しとする体育会系で過ごした時間が長かったからか、物事の考え方にもともとそうした傾向があるのか - 私には自分やチームメイト、果ては相手チームの状態を見てその時必要な行動を判断しようとする癖 […]
ブログの明日を探すヒント

ブログの明日を探すヒント

ブログを続けるためにエネルギーが必要ならば この著書は、タイトルのあと、目次の第1行目 はじめに - あなたはまだ、ブログの本当のすごさを理解していない というフレーズではじまります。 ひとつのことをきっかけにはじめた無料のブログを続けながら、書くということをさらに自分の日常に近づけたもの、内容にできないものか、ブログの技術や公共性・社会性をしっかりと学んで、自分の足で歩けるブログライフにできない […]
スポンサードリンク