Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
デザイン
木工のアイデア - 額縁 & 透明アクリル板

木工のアイデア - 額縁 & 透明アクリル板

大型の額縁をどう飾るか 工事の方法、安全性を考える 高さ50cm × 横幅110cm という額縁 - サイズとしてはまだ上があるでしょう。 けれど、ここまで大型・重量のある作品だということを考えると、たとえば鴨居にかけるにしても額受けも大きめのものを探さなくてはなりません。 その一方、マンション住まいのわが家はどの部屋もモルタル仕上げの壁で釘やねじ、ボルトがきく場所がありません。 ドリルで壁にボル […]
木工のアイデア - 釘・木ねじなしで額縁を壁にかける

木工のアイデア - 釘・木ねじなしで額縁を壁にかける

妻が仕上げた幅110cm×高さ45cmほどのクロスステッチの作品。その作品を額縁に入れて愉しもうと思っているのですが、場所を選ばなくてはダメそうです^^; 普通のサイズなら襖一枚、畳一枚の幅が三尺(半間90cm)ですから、幅110cmの作品があまり小さいとは言えないサイズだというのを想像してもらえるでしょうか? 一間180cmの壁にかけても左右に35cmずつしか空きが残らないことになりますね。 私 […]
木工のアイデア - とめ継ぎの額縁を作る

木工のアイデア - とめ継ぎの額縁を作る

刺繍枠、刺繍台を使って進行している刺繍 まず最初は、市販されている丸型の刺繍枠では止めることのできない厚手で大判(約50×100cm)の布に刺繍をするため、その布を張ることのできる刺繍枠を作ろうと考えました。 そして、刺繍枠の試作をしてみると、できあがる枠が予想していた以上に重くなりそうだということ分かり、さらにその枠を載せ、針を使いやすくするための専用台を作ろうと考えました。 試作のつもりとは言 […]
木工のアイデア - 刺繍用の専用台のデザイン

木工のアイデア - 刺繍用の専用台のデザイン

『刺繍用の専用台』 を作る その① 木工の基本 - デザイン、材料、加工の手順はそのままに 作ろうとする物のサイズと重さに配慮したデザインを 道具の使い方よりもどちらかと言えば、材料の選び方~デザイン~加工の工程全体をたどることに重点を置いてみようと始めた『刺繍枠』の作成も、作品第1号になって工程全体を決めるのはやはりデザイン - 構造とサイズ - だとうことがはっきりしてきました。 特にその構造 […]
木工のアイデア - 最初のデザイン

木工のアイデア - 最初のデザイン

『刺繍枠』 を作る その④ 材料 &構造 ・加工方法 - その2 木工では一般的に、絵画のように習作を重ねるなどということはまずないことだろうと思います。切ったり、削ったりという加工にやり直しということも聞きませんから、設計図の状態、イメージの中で十分なシミュレーション - 材料や仕上がりのサイズ、加工方法の関係を確認する作業 - が行われていることが必要です。 そして、これまで確認してき […]

木工のアイデア - 木材の選び方

『刺繍枠』 を作る その② 使い方、サイズ、材料 & 加工方法 使い方から考えるデザイン 物作りはどんな物でもデザインからはじまります。木工もその例外ではありません。 Step by Step の流れは大きく分けると 使い方+構造の確認 → 材料を決め → サイズを決めて(墨付け) → 加工+組み立て → 仕上げ その流れを確認しながら目的に合わせた物を作るために、その第1ステップ、デザイ […]
木工のアイデア - 大切なのはアイデアとデザイン

木工のアイデア - 大切なのはアイデアとデザイン

『刺繍枠』 を作る その① 木工のデザイン、材料、加工の手順をたどると 今回は、木工の基本を再確認するために、道具の使い方ももちろんですが、 材料になる木材(木材というにはかなり小さなものになりますが)の選び方やデザインと加工そのものの手順を含めた工程をたどってみたいと思い立ちました。   木工の楽しみ方を探せるか?   そんな作業場所や工房を確保できるまでは材料を調達するホー […]
スポンサードリンク