Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
健康管理
『"腎臓" が寿命を決める』?! - NHKスペシャルが見せてくれた新しい世界

『”腎臓” が寿命を決める』?! - NHKスペシャルが見せてくれた新しい世界

NHKスペシャルで紹介されていたもの 腎臓について、私たちが教わり、知っていると思っていた知識は “尿を作る臓器”?! だということだけ。 私たちの知識の中では心臓や脳、胃や腸が生命活動の基幹、さらに骨や肝臓がその生命活動を見えないところで支えてくれる重要な役割を果たしている… そんなイメージがありますね。 ところが、 心臓の専門医が高血圧で苦しんでいる患者を治 […]
認知症を正しく認識しているだろうか

認知症を正しく認識しているだろうか

最近目にすることが増えた認知症にまつわる記事や説明。 そうした説明に触れて思うのは、どこか・誰かのことではなくて、自分にも当てはまることだという意識が必要なんだなということ。 その意識を持つことで、もし自分の意識や精神に何かの症状が起こったときには、自分はもちろん、近くにいる仲間や家族の助けになることもあるのだろうなと感じます。 経験や環境によって違う健康への意識? 考えてみれば、私の場合は、自覚 […]

自分でも分からない自分? ならばゆっくり休みましょ

この著書で矢作さんが語ろうとしているのは主旨が違うだろうと思うのですが、ひとりでいるということのヒントがあるような気がして書いています。 ひとりでいるということのヒント - つまり、自分とふたりだけでいるということはやっぱり大事なことなんだと、最近になってまた感じているのです。   思いどおりにならない私という存在? 自分と付き合ってみるというのが、意外と面白いことだという話しなのですが […]
坐骨神経痛 - 高齢の親に寄り添いたい

坐骨神経痛 - 高齢の親に寄り添いたい

健康のためにと何気なく出かける散歩。その大したことのなさそうなことが体や心の健康にどれくらい大切か - 私は父や母の晩年にそのことをずいぶん感じたものでした。 そして今、義母が坐骨神経痛の診断を受け、立って歩くというその何気ない行動がしにくくなってしまいました。 本人やそばにいる家族はどんなふうに過ごせばいいでしょう? 気がつかないところで進む体力の衰え きっかけはひとつの病気 義母は数年前、足に […]
がん患者のための介護を支える家族の力

がん患者のための介護を支える家族の力

がんを病んだ母に付き添い、特にその終末期を過ごした経験を振り返っておくことが必要ではないか、そんな気がしているのですが、自分たちの健康管理の延長線上に、介護のようなものをおいておくことはできるでしょうか? 備えられるものなのか、何を備えることができるのか - そんなことを整理しておけないものかと考えています。   介護の必要性&タイミング それはちょうど、臓器移植意思表示カードの […]
インフォームド・コンセント - 高齢者の生活を支える合言葉

インフォームド・コンセント - 高齢者の生活を支える合言葉

インフォームド・コンセントというのは、本来、患者本人と医療の間のことなのかも知れません。 けれど、自分の父親や母親が75歳を超えるような高齢者なったとき私たち子どもが気をつけなくてはいけないのは、医療に限ったことではありません。父や母が自分を取り巻く生活の中のあれこれの問題に、理解力と判断力、そして体力や経済力を持ってconsent(コンセント) - 合意 -できているかどうか… に気 […]
父の晩年から学んだ健康管理の大切さ - リウマチという病気

父の晩年から学んだ健康管理の大切さ - リウマチという病気

父を通して見ていたリウマチという病気 リウマチは遺伝する病気ではない リウマチと診断された症状で苦しんだ父親を見ながら、これがリウマチなんだと特定することがむずかしいほど、リウマチは色々な原因で発症する病気で、症状も色々だということを学んだのですが… その頃から何故か、父親がリウマチを病んだ年頃には、自分にも同じような症状が出るのかも知れないなと思うようになっていました。 何故なのでし […]
何年ぶりかのインフルエンザで学び直したこと

何年ぶりかのインフルエンザで学び直したこと

昨年 2016年の11月に入って間もなく、私はインフルエンザの予防接種を受けていました。 予防接種を受けるのは、寒さとインフルエンザの威力が増してしまうまえからできることなら体の中の準備と、生活する上でのインフルエンザに対する意識を持ちなおすという2つの意味で、もう5年以上も前から一種、年中行事のようになっています。 ただ残念ながら、今年はインフルエンザに捕まってしまいました^^;   […]
良性発作性頭位めまい症という症状

良性発作性頭位めまい症という症状

その “めまい” がはじまったとき “良性発作性頭位めまい症” という聞きなれない病名で診断結果を聞かされたのは5月の終わりでした。もう3ヶ月以上前のことですが、幸いなことにその後の同じ症状をくり返すことはなく体調は回復し、今日に至っています。 その日の朝、目を覚ますのと同時に症状がはじまりました。本当に突然のことでした。 目を覚ますとと言っても、目 […]
スポンサードリンク