Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
仕事・生活
「何のために働くか」- そこにあるジェネレーションギャップ

「何のために働くか」- そこにあるジェネレーションギャップ

組織改革を進める会社の中にいて、特に自分よりも若い仲間たちに仕事を教えたり、自分の仕事を引き継いでもらったり、そうした上で若い仲間たちの仕事環境を考えたり・整えたりという新しい仕事に取り組んでいるのですが… 自分の生きがいとかやりがいをどんなこと・どんなところに求めるか - それはつくづく大切なことなんだなと感じることが増えているような気がします。 だからでしょうか。 「何のために働く […]
WORK SHIFT が語る ”現在" と "未来"

WORK SHIFT が語る ”現在” と “未来”

未来を正しく理解して未来に押しつぶされない職業生活を築く - そのことがとても大切だという著者 リンダ・グラットン氏は、その正しい理解・正しい選択のために、今の私たち自身が持っている間違いを正すべきだと言っています。 あげられている事例を順序にたどってみると、今の私たち自身を根底から作り変えなければいけない! そう言われているような気になってくるのですが… はたしてそういうことができる […]
何のために働くか? どう働くか? - 自分の胸にもう一度聞いてみる

何のために働くか? どう働くか? - 自分の胸にもう一度聞いてみる

私たちの仕事観、生活観、人生観は何でできているか 働く目的を見直すということの意味 「死ぬまで働く」 「カリヨン・ツリー型のキャリア」そして 「ダウン・シフト」 高齢化社会ということが言われるのといっしょに長寿化ということも言われるようになって、そんな長寿型の人生を考えるとき、こんな言葉たちがセットで聞こえて来る機会が増えているような気がしますね。 いつでもこの3点セットというわけではありませんが […]
ストレスをちゃんと制御したい

ストレスをちゃんと制御したい

自分では意識しない - 自覚のないところで金属疲労のようにダメージが蓄積していくもの - 私には、ストレスという言葉にそんなイメージがあるのですが、みなさんはストレス・コントロール、うまくできていますか?^^; 先輩・後輩の関係のようなものをはじめとして、人間関係ではその昔、若い者・新参者ほど苦労をしてあたり前!? みたいに扱われることがあって、「誰もが通る道」? を通ってこない奴はダメだみたいに […]
自分を確かめる。それは自分のためだけじゃないのです

自分を確かめる。それは自分のためだけじゃないのです

ぼくらの心になくてはならないもの 人に対して厳しいとすれば、自分に対しても厳しくなければ… 人に対して優しい自分であるためには、自分に対しても優しく - 自分を大切に - できなくては…。 両親や兄妹との関係や職場で仕事仲間と自分の関係を考える機会が増えている私は、20代の頃に持っていた “人や自分に対する感覚” をもう一度確かめることが多くなってい […]
100年ライフを支えてくれるのは天職か、適職か

100年ライフを支えてくれるのは天職か、適職か

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」 の中、”第4章 見えない「資産」” という章の中に、100年ライフを生きるのにどんな スキルや知識 が必要かが語られています。 理解するのがむずかしいと思うのですが、みなさんはこの一節、もう読まれていますか?   分析能力を求めるのは誰? それにともない 、学校教育は次第に 、あらゆることの土台に […]
適材適所を自分で決めることはできるのか

適材適所を自分で決めることはできるのか

その年齢だから求められるもの - 年相応の自分を発揮できているか 自分の適性を活かせる仕事はどんなものだろう… と考えていたのが妙に懐かしく感じる今日この頃^^ 数十年も前のことの割には、これもまた妙にはっきりと記憶しているのが自分でも不思議です。 何を不思議に感じているかというと… その昔、探し求めていた自分の適性とかやりがい - 20代になって間もなかった頃はまだ、何を […]
仕事にも勇気が必要? - 『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』で学ぶ前向きな取り組み

仕事にも勇気が必要? - 『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』で学ぶ前向きな取り組み

イノベーションという言葉は「革新」と翻訳されていますが、私たちは普段、どんな意味・どんなイメージでこの言葉を使っているでしょう? そのイメージの中に、”自分ではない誰かが行うもの・自分が普段いる場所ではないところで起こるもの” というようなイメージがないでしょうか? このままではいけない! 変えなくては! と普段から思っているのに、変えよう! とか、変える! と切り替えて自 […]
努力できる人になれる? - 今だから分かる私たちの正体

努力できる人になれる? - 今だから分かる私たちの正体

知識を味方にできるかどうかは自分次第!? それでなくても分からないことが多い私たち自身のこと。けれど、「脳」の機能や働きって、知れば知るほど面白いなと感じることがたくさんありますね。 私は、「自分でいる」ということにあまり迷いがなくなっているかな? それって年相応のことなんだろうか?? それとも私に特徴的なことなんだろうか? なんて思っているのですが、みなさんは自分とうまく話ができていますか?^^ […]
仕事のやりがい・仕事の意味

仕事のやりがい・仕事の意味

どんな仕事が良い仕事か?! ちゃんと伝えたいもの vs. 教わりたいもの 仕事のノウハウという言葉があり、そのノウハウの共有とか継承ということが言われます。 仕事を覚えるという言い方をすることがありますが、それって、何のことを言っているでしょう? ふだんの私たちは良い仕事をしたいと思いながら仕事に向かっているような気がするのですが、私たちはどんな仕事が良い仕事だと思っているでしょう⁇ 仕事を覚える […]
所有者不明土地 - 相続との関係をもう少し分かっておきたい

所有者不明土地 - 相続との関係をもう少し分かっておきたい

「所有者不明土地」 という言葉を聞いてすぐに疑問に感じるのは、「その所有者って誰のこと?」 「何を持っている人が所有者なの?」 ということ。 なぜって、登記をしていなくても固定資産税は払っていたのですから。所有者って、登記をして権利書を持っている人のことですよね? 固定資産税って、所有者が払うんじゃないんですっけ? 覚えていたはずのことをもう一度確認しないと、この「所有者不明土地」の話しがうまく理 […]
所有者不明土地ってどういうこと?

所有者不明土地ってどういうこと?

権利と義務 - 私たちはその意味をちゃんと分かっているか?! 相続が終わっているのに所有者が分からない土地が増えている??! ということがニュースで取り上げられていました。相続するものが不動産であれば、その名義を変更するのが相続だということになりそうですね。 相続するものが不動産だとして、その登記をし直さないのに相続が終わっている - というニュースで使われていた表現 - はうまく理解できません! […]
スポンサードリンク