Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
仕事・生活
仕事に取り組む仲間と交わすサイン、目指すゴール

仕事に取り組む仲間と交わすサイン、目指すゴール

ひとつの目標を目指すということがイメージできているか 後輩(あるいは部下と言ってもいいでしょう)が与えられた仕事をこなせるようになりたい、あるいは先輩のその技術を身につけたい - そんなふうに、仕事に取り組む目標を持つことができたとして、 そして上司(あるいは先輩)が、そんな部下の目標を達成させるために自分の持つ経験やノウハウを身につけさせようとする… ちょうどスポーツするアスリートと […]
特別支給の老齢厚生年金 - 繰り上げ受給って? 本人・家族が知っておくべきこと

特別支給の老齢厚生年金 - 繰り上げ受給って? 本人・家族が知っておくべきこと

『年金の請求手続きのご案内』を受け取ったら確認すること 老齢厚生年金を受け取る権利は原則65歳から発生するのだけれど、一定の条件が満たされているので特別支給の老齢厚生年金が支払われます - という意味合いの説明といっしょに年金を受け取るための手続きを行ってくださいと申請書を受け取ったとすると思わず申請の反応をしそうですが、そのまま申請手続きをしていいのでしょうか? それでなくとも複雑で中身について […]
マネージメントの神髄 - 客観性は時間をかけて育てる

マネージメントの神髄 - 客観性は時間をかけて育てる

自分のことはなかなか客観的に見ることができない… いわゆる、部下を持ち、1つの部門を率いるリーダーとなっている仲間がそんなことを言っていました。 会社の活力をいかに高めることができるか、それは仲間のパフォーマンスにかかっている。 自分の仕事は、会社の打ち出す方針を仲間にとって、納得して取り組めるような形にして渡すこと。 納得度の高さを確保することで、取り組みの質を高め、目標に近づけよう […]
適材適所で実現する 自分たちの仕事と職場

適材適所で実現する 自分たちの仕事と職場

所属する会社の組織改編という動きの中で過ごすようになってもうそろそろ6ヶ月が経過しようというタイミング。 最近とみに、適材適所という言葉を思い出す機会が増えているような気がします。 それと言うのも、社員個人個人の能力や適性に配慮して、それぞれが仕事に取り組みやすくしよう → 仕事の目的を達成できるようにしよう → 仕事に対する納得度、自信を高めよう → 製品を届ける顧客の満足度を高めよう → &# […]
ドクターGの視点 - 管理職の役割りを探す

ドクターGの視点 - 管理職の役割りを探す

会社と自分 - その関係をみなさんはどんなふうに捉えていますか? 働き方改革とか、ワークライフバランスという言葉を聞いて直感的に思い浮かぶのは、プライベートと仕事の関係。 仕事に何を求めるか・求めないか、あるいは求めることができるかによって働き方もバランスの意味もまったく違ったものになるのは言うまでもないのですが、最近どうも、会社のことに力を使い過ぎていないかと思いながらも、それが自分や自分の生活 […]
良い仕事をしたいのならば、今の自分をすべて否定!?

良い仕事をしたいのならば、今の自分をすべて否定!?

良い仕事をしたいと思っているはずなのに、その可能性やそのための材料を自分でわざわざ捨てている - なのに、良い仕事が出来ないことを説明しようと原因探しに夢中になっている… 少し離れて見てみると、そのびっくりするような矛盾に気づくはずなのに、バランスを取るということが如何にむずかしいものか、管理職に対する自分の適性を見せつけられているような気がします。 マネージメント(管理職)に必要な […]
職場のチームワークを考える - 仲間の力をひとつに集めるには

職場のチームワークを考える - 仲間の力をひとつに集めるには

モチベーションとディレンマ 自分のキャリア、あるいは自分の人生にどんな意味を持つのか - 今やっていることが意味があることなのか、無駄なことなのか、そんな迷いを感じながら暮らすのは辛いことです。 これまでの自分たちの仕事を見直しながら、より納得度の高い、やり甲斐のある仕事、あるいは仕事のやり方を目指そう - そうした組織改編の目的や目標は素晴らしいもののはずですが、その改革の活動の中で、多くの仲間 […]

会社の中でよい仕事をするには - 上司の立ち位置や意識というもの

世代の違いとか、経験を重ねてきた者の役割りというものを意識するようになったのは、大学を出てすぐ、会社員として私たちといっしょに働くことになった若い仲間を見ているせいもあるでしょう。 会社自体が、会社が社会に向かって果たそうとしている役割りを見直し、再確認しながら、社員にも同じ意識、同じ視線に立ってその会社が目指そうとしているものを再認識し、共有してほしいと望んでいる - その活動をするのだと宣言し […]
社員が求める会社は、社員が作る?

社員が求める会社は、社員が作る?

人間関係のむずかしさは、私たち自身を鏡に映した姿だった? 社員一人ひとりの仕事ぶりを誰もが納得できるような方法と基準で評価する - 会社組織の改編をしようと頑張る会社にいて、人事の評価の意味を今さらのように確かめている今日この頃です。 と言っても、現場の仕事には十分に精通はしていても、経営者ではないし、人事部の人間でもないのですが…^^; 私たち雇われて働く者は、常々、「自分の仕事ぶり […]
若い仲間に伝えたいこと

若い仲間に伝えたいこと

時間がある人たち、急ぐ人たちに 「7~8割できればOK!」が 心の余裕を生む 僕のお坊さんとしての “説法デビュー” は、本山のある京都・花園の正法山妙心寺の研修でした。 説法とは、仏教についてのあれこれを分かりやすくお伝えしているのですが、それまで人前で話す経験なんてそうそうありませんでしたから、初めの頃は、緊張し過ぎて何がなんだか分からないうちに終わっていました。 (中 […]
働き方 & 職場の人間関係。キーとなるのは上司の存在!?

働き方 & 職場の人間関係。キーとなるのは上司の存在!?

職場の人間関係に迷っても 個性を大切にという話しと、みんなとの協調性を大切にという話し - その両立って意外とむずかしいですね。 一日の大半を過ごす会社の中、上司とか部下とか、責任とか、色々使い分けなくてはいけないような気がするものですが、その使い分けが簡単ではない‼︎ そもそもこの使い分けって必要なものなのでしょうか? 必要なのだとしたら、上手に使いこなせる秘訣とかヒントがあるといいですね^^ […]
ブログの更新頻度を保つ秘訣⁉︎

ブログの更新頻度を保つ秘訣⁉︎

この5月はゴールデンウイークの最中に体調を崩し、病院がかりになってしまい、その後の回復に手間取ってブログ更新の頻度を落とさざるを得なくなりました。 そんな時でも、ブログ更新のペースを維持する方法ってあるものでしょうか?   ブログビギナーほど体内時計の調整を 普段のブログ更新は、 SEOとかアクセス数アップの秘訣とかを覚えられると、 それがモチベーションを高めてくれてブログを書くこと自体 […]
スポンサードリンク