Do It Yourselfをそのまま訳せば「自分でやってごらん」。みんなが普段、あたりまえのようにやっていることですね。 暮らしや趣味のあれこれ、日曜大工などを通して、家族のこと、生活のことを考えながら工夫してみます。そんなあれこれを綴ったプライベートブログです。
ほかにもこんな事
「何のために働くか」- そこにあるジェネレーションギャップ

「何のために働くか」- そこにあるジェネレーションギャップ

組織改革を進める会社の中にいて、特に自分よりも若い仲間たちに仕事を教えたり、自分の仕事を引き継いでもらったり、そうした上で若い仲間たちの仕事環境を考えたり・整えたりという新しい仕事に取り組んでいるのですが… 自分の生きがいとかやりがいをどんなこと・どんなところに求めるか - それはつくづく大切なことなんだなと感じることが増えているような気がします。 だからでしょうか。 「何のために働く […]
生活は家族がともに・分かち合って作るもの

生活は家族がともに・分かち合って作るもの

家族がいっしょに作るQuality Of Life おしっこを作るだけじゃなく、私たちの寿命を決めてしまう程重要な臓器 - それが腎臓だとNHKスペシャルを通して学んだのは10月のこと。 肝臓の代名詞のように思っていた「沈黙の臓器」という言葉も、実は私たちの体すべてに言えることなんだなと認識をあらたにしたものでした。 そんな感触がまだちゃんと残っているこの週末、自分の体の定期検査のために訪れた内科 […]
WORK SHIFT が語る ”現在" と "未来"

WORK SHIFT が語る ”現在” と “未来”

未来を正しく理解して未来に押しつぶされない職業生活を築く - そのことがとても大切だという著者 リンダ・グラットン氏は、その正しい理解・正しい選択のために、今の私たち自身が持っている間違いを正すべきだと言っています。 あげられている事例を順序にたどってみると、今の私たち自身を根底から作り変えなければいけない! そう言われているような気になってくるのですが… はたしてそういうことができる […]
余命宣告とQuality Of Life - わが家の場合

余命宣告とQuality Of Life - わが家の場合

父と母それぞれを闘病の時間を過ごしたあとに見送ることになった私は、心身共に健康でいる間に、広い意味の Living Will を意識した暮らし方ができないものか - そんなふうに思ってきました。 自分のことは自分で考え自分で決めるんだ! という想いや意欲を持っていても、極度の貧血が原因して最後まで考え続けることができなかった・決断をくだすことができなかった母の姿を思い出すにつけ、”心身 […]
何のために働くか? どう働くか? - 自分の胸にもう一度聞いてみる

何のために働くか? どう働くか? - 自分の胸にもう一度聞いてみる

私たちの仕事観、生活観、人生観は何でできているか 働く目的を見直すということの意味 「死ぬまで働く」 「カリヨン・ツリー型のキャリア」そして 「ダウン・シフト」 高齢化社会ということが言われるのといっしょに長寿化ということも言われるようになって、そんな長寿型の人生を考えるとき、こんな言葉たちがセットで聞こえて来る機会が増えているような気がしますね。 いつでもこの3点セットというわけではありませんが […]
生きるということの意味 - それは私にも答えることができるはず

生きるということの意味 - それは私にも答えることができるはず

矢作さんはその著書「見守られて生きる」の中の お墓参りは「元気ですよ」という ご先祖さまへのあいさつ と題した章でこんなことを語っています。 今のあなたが持つ肉体は、あなたが生まれた家のご先祖さまが「つむいだ」結果としてこの世に存在するもの。魂の旅はそれぞれの人がそれぞれに続けるものとはいえ、この世で肉体を持つに至った感謝を欠かさないことは大切ではないでしょうか。 もうじき終わる11月23日は実は […]
ただそばにいてあげる - きっとそれが受け止めるということ

ただそばにいてあげる - きっとそれが受け止めるということ

人工透析は受けないという選択をして、余命宣告で示された残りの時間を頼りに残った時間をどんなふうに過ごしていけばいいかを考える - 義母が思い描いている明日はどんなものだろう、そう思います。   一点を見つめている - それが決心というもの 私の母が、残された時間を少しでも長く生きなくてはいけないと感じて、がんの手術を受けるという選択をしたとき、母が思い描いていたのは 手術を受け → 抗が […]
80代、90代。私たちのはるか先を歩く両親のために

80代、90代。私たちのはるか先を歩く両親のために

10代、20代の若い人たちは - 私自身もかつてそうだったように - 優しい思いやりと手助けの気持ちを持っていても、どんなふうに接していいのか分からない… そんなこともありますね。 その戸惑う気持ちの中には、「できないことは助けたい」 と感じるのといっしょに、「できないんだねと思っていることを感じさせていいのだろうか」 という優しすぎる思いも混じっていることがあります。 「何でも手伝う […]
ストレスをちゃんと制御したい

ストレスをちゃんと制御したい

自分では意識しない - 自覚のないところで金属疲労のようにダメージが蓄積していくもの - 私には、ストレスという言葉にそんなイメージがあるのですが、みなさんはストレス・コントロール、うまくできていますか?^^; 先輩・後輩の関係のようなものをはじめとして、人間関係ではその昔、若い者・新参者ほど苦労をしてあたり前!? みたいに扱われることがあって、「誰もが通る道」? を通ってこない奴はダメだみたいに […]
自分を確かめる。それは自分のためだけじゃないのです

自分を確かめる。それは自分のためだけじゃないのです

ぼくらの心になくてはならないもの 人に対して厳しいとすれば、自分に対しても厳しくなければ… 人に対して優しい自分であるためには、自分に対しても優しく - 自分を大切に - できなくては…。 両親や兄妹との関係や職場で仕事仲間と自分の関係を考える機会が増えている私は、20代の頃に持っていた “人や自分に対する感覚” をもう一度確かめることが多くなってい […]
100年ライフを支えてくれるのは天職か、適職か

100年ライフを支えてくれるのは天職か、適職か

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略」 の中、”第4章 見えない「資産」” という章の中に、100年ライフを生きるのにどんな スキルや知識 が必要かが語られています。 理解するのがむずかしいと思うのですが、みなさんはこの一節、もう読まれていますか?   分析能力を求めるのは誰? それにともない 、学校教育は次第に 、あらゆることの土台に […]
自動車かモビリティか - 東京モーターショー2017

自動車かモビリティか - 東京モーターショー2017

ドイツ、フランス、スウェーデン、そして日本。出展しているメーカー、ブランドにアメリカやイタリア、イギリス、あるいは韓国などが見えなくて少しさみしいんじゃないのかなと想像していたのですが、仕事を調節して出向きアフター4*の夜専用チケットで見学した東京モーターショー(TMS)2017は、通路も会場内も人の流れが途切れない感じでちょっとびっくり! しました。 この週末5日までの3連休はもっと盛り上がって […]
スポンサードリンク