スポンサードリンク

いつもより切れのある味を求めるなら、香味焙煎の 深み & 丸み

ゴールドブレンドを楽しまれている方の中で「私はネスカフェ 香味焙煎派!^^」という方はどれくらいおられるでしょう? 香味焙煎 深み と 丸み は香味焙煎 深煎り と 中煎りの味の個性をさらに引き立てた雰囲気の味。もうきっと、ファンが定着している味ではないかと思います。

これまでのネスカフェ ゴールドブレンド、香味焙煎のラインアップでも、ずいぶん味のバリエーションは広いように思うのですが、もう少し濃い、あるいは薄い味でバリスタを楽しみたいと思っていたとしたら、好みの味に近づけやすくなりましたね。

深み は酸味をほとんど感じさせず、おだやかな苦みが特徴の味。
一方の 丸み は、苦みを抑え軽い酸味を感じさせる味わい。

深みの苦みも、丸みの酸味も、ずいぶん時間をかけてテイスティングされているのだろうなと思わせる静かな味です。静かな味 - 特に、飲んだ時に舌に残る苦みの余韻、酸味の余韻がとても軽いと思います。

ネスカフェ香味焙煎_深みと丸み

ネスカフェ香味焙煎 深み & 丸み

コーヒーの苦み、酸味の美味しさを教えてくれる香味焙煎

コーヒーの苦みと酸味、みなさんはどんなバランスの味がお好みでしょうか?

もちろん好みによりますが、飲んだあとの苦みや酸味が軽い香味焙煎 深み と 丸みの味は、私であれば、食事のあとの1杯としてお勧めしたい味です。バリスタは1杯ずつコーヒーパウダーを変えるということができませんが、もしそれが可能だとしたら、食後の1杯に私が選ぶのはきっとこの2つの香味焙煎のいずれかだろうと思います。

バリスタがこんなデザインだったら?^^

バリスタはコーヒーを充填するコーヒータンクを密閉度の高いコアタンクの方式にして、ふたつ以上のコアタンクを入れ換えて使えるようにしてくれると、

  • 気分で飲み分ける味のバリエーション、とか
  • 家族それぞれの好みに合わせて味を変える

といったことがもっと楽しめるようになるような気がしますね^^

 

バリスタを使ってこの2つの香味焙煎を楽しむのであれば、ミルク系のメニュー - カフェラテ、カプチーノ - に 深み、ストレートに ブラックコーヒーであれば 丸み をお勧めしたいというのが私の好みです。

封を切ったその時から、立ち込めるフレーバーもとても深く、落ち着いた香り。
お湯を注いだときの香りや味を期待させます。

深み と 丸み - 2つを同時に入れてみることはあまりないかも知れません。丸み よりコーヒー色が濃い 深み深み よりほのかに赤みがさしたように見える 丸み。名前からしても、香りは 深み が 丸み より濃い味を連想させるでしょう。それくらい 丸み の香りは軽いものです。

 

スポンサードリンク

この香味焙煎 丸み そして 深みエコ&システムパック55gは、希望小売価格(税抜)805円1杯あたりに換算するとおよそ29.8円ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック70g1杯18円と少しでしたから、ぐっと割高! 自然と味に期待してしまいますが、その期待どおりの味です。

もし、この2つに注文をつけるとしたら、赤いパッケージでお馴染みの香味焙煎カフェインレス30gのようにスモールボトルのパッケージがあればということでしょうか。いつものゴールドブレンドに比べるとおよそ1.5倍の価格ですから、小さなパッケージがあればより多くの人がこの味を試してみたいと思ってくれるのではないかと感じるのです。

NESCAFE さん、是非ご一考を!^^