家族みんながレシピをタップするだけ!^^

コーヒーパウダーの量を固定のまま、お湯の量を調節して好みの味を探していたバリスタ。みなさんも自分の好みを繰り返し再現できるようになっていることでしょうね。

それに対して新型バリスタ、バリスタi [アイ] は、

  • これまでできなかったコーヒーパウダーの量の調節、そして
  • お湯の量も10mℓ単位でできるようになって

しかも、好みのレシピを保存しておけるようになったのですから、家族が何にいても一人ひとりの好みに合わせたコーヒーがさっとできる!^^
バリスタもぐっと身近なものになりましたね。

バリスタi [アイ] のアプリで調整できるお湯の量コーヒーパウダーの量、そして一般的なカップの大きさをひとつのシートにまとめてみると…

 

バリスタi [アイ] のアプリで楽しむブラック系メニュー

カップのサイズは私たちが一般に購入できる平均的なタイプ。”標準サイズ” としているのはいわゆるCup&Saucerのセットに多い物です。”デミタス” と “標準サイズ”、そして “標準サイズ” と “マグ” の間が空いているのは、意識して探さないとそのサイズはなかなか手に入らないかな? という意味です。

adjusting-volume-of-water-using-app

アプリでお湯の量を調節

iPhone/スマートフォンをBluetoothでバリスタとペアリングし、アプリを立ち上げればコーヒーパウダーとお湯、両方の調節ができるようになるのですが、覚えておきたい特徴がいくつかあります。

コーヒーパウダーの量は、エスプレッソとブラックでは 1, 2, 3g から選び、マグサイズのブラックでは 2, 3, 4gから選びます。お湯の量はずいぶん時間をかけてもとめた量なのでしょうね^^

エスプレッソの味のパターン

コーヒーパウダーの量 1, 2, 3g のそれぞれでお湯の量を最大量にすると… 味の濃さをまったく同じにして、お湯の量を2倍、3倍にできるということ。
逆に1, 2, 3g のそれぞれでお湯の量を最小量にすると、コーヒーパウダーの量が 1g 増えるごとに、味が濃くなります。

ブラックとマグサイズ・ブラックの味のパターン

ブラックとマグサイズ・ブラックでは、コーヒーパウダーの量 2g, 3g に対するお湯の量の調節の範囲はまったく同じです。

スポンサードリンク

つまり、ブラックの 2g のレシピで味をもう少しこくできないかなと感じたら、お湯の量をそのままに、コーヒーパウダーの量をブラックかマグサイズ・ブラックの 3g、さらに濃くしたければ マグサイズ・ブラックの 4g にすればよいというのが私のお勧めです。

以前のバージョンのバリスタではできなかった “お湯の量をそのままにコーヒーパウダーの量を… ” の調整方法 - みんながこの機能を待っていたのではないでしょうか?^^

この調節機能、ミルク系メニューのカプチーノ、カフェラテにも用意されているのですから、自分好みのレシピにこだわってみたくなりますね。