ゆっくり時間をかけて楽しむ? パズルゲーム

簡単そうだけど、どうしてなかなか^^;

Outfolded - out=外へ, fold=折り曲げる・折りたたむ? その過去形ですから直訳すれば、さしずめ広げた! という意味ですね^^

たとえば、サイコロのような立方体を1面ずつ転がしながら、その1面ずつを転がした方向へ展開していくとその展開した面がつながった道になっていきます。その道をマップの上にあるターゲットにつなげるゲームです。

子どものころ、画用紙を使ってサイコロを作ったことがありませんか? 4つの面が連続してつながった状態で、そのうちの2つに天地になる2面がつながっている。その接続部分を折りたたんでいくとサイコロが出来上がりましたよね。このゲームは逆に、そのサイコロを組み立てる前の状態に広げていく感覚でサイコロを転がしていくんです。

簡単そうに聞こえるでしょ?^^ ただし、転がすのはただの立方体だけじゃありませんからね。

outfolded-starting-display

Outfoldedのスタート画面

ゲームのスタート画面に曰く、
「ゆっくり時間をかけてください」。

そうなんです。アクションゲームのような雰囲気を漂わせていますが、パズルゲームですからあわててもダメ! です。1つ、2つ、あるいは3つと与えられた立体形をターゲット目指して広げていってください。

 

 

ルールは簡単!

outfolded-stage-11

スタートからターゲットへ

遊び方はとてもシンプル。
パズルゲームはこのシンプルさが面白さの決め手ですよね。

STAR 11 を例にしてみると…
与えられたマテリアルは赤い矢印で示した3つの立体。

赤い丸スタートで、青い丸ターゲット。スタートにどれかの立体を立てて、転がして行くのです。
どの立体からどの順序、どの方向へ転がすか - それがこのゲームのキーです。

 

ターゲットへの道は険しいのです!

STAGE 7 も与えられたマテリアルは3つ。
マップの上、9つのマスが3×3の正方形に並んだマス目の中、一番上・右上隅が少し色が濃くなっているでしょう?
ここがスタートです。マテリアルごとに最期のマス目が次へのスタートになるのです。
与えられたマテリアルのどれかを選んでスタートのマスにドラッグ。すると、転がせる方向が足もとのマスに示されます。
転がすごとに、たどったマス目にドットマークが残っていき、転がす方向を示す足もとのマスはなくなっていきます。

転がすことで立体は90度、180度を原則として向きを変えることになります。
前途には穴が開いていたり、クレバスのように渡れる場所がほとんどない! なんてこともあります。

うまく方向を確認しながら、立体を展開しきらないうちにターゲットに近づきたいのです。

3つのマテリアルを転がした(展開した)跡を最終的にターゲットまでつなげることができればステージクリア! です。

 

ステージはいくつかのグループになっていて、そのグループを突破できるとステージカラーが変化します。
パステル調の色合いは目にも優しいはずですから、「ゆっくり時間をかけてください」とスタート画面の言葉のように、肩の力・目の力を抜いて楽しんでください。

気分転換? にと言っても、相手もゲームですから、思わずはまってしまうかも知れません!

スポンサードリンク

でも、あまり力んではいけません。^^

煮詰まって前に進めなくステージがありますよ。そんなときは画面を離れてくださいね。